• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > カクテルガイド > カクテルを知る 
ASAHI COCKTEIL GUIDE
TOP かんたんカクテルレシピ カクテルを知る カクテルを楽しむ 洋酒を楽しむ カクテルレシピ検索
意外と知らないカクテルの事。 カクテルを知る
カクテルの歴史
カクテルの語源
カクテルの楽しみ
カクテルグラスの種類
ツールの種類
カクテルの計量単位
カクテルの材料
飲み干す時間による分類
ロングカクテルのスタイルによる分類
飲む時間帯や場面による分類
4つの技法
その他の用語
カクテルをとは?
カクテルの語源
最初にCockTailという言葉が登場したのは1948年にロンドンで出版された小冊子『ザ・スクァイア/レシピ−ズ』とされています。カクテル(CockTail)の語源は諸説ありますが、以下3説が有力といわれています。
オンドリの尻尾説(メキシコ)
メキシコ・ユカタン半島のカンペチュという町の酒場でのこと。バーテンダーの少年がオンドリの尻尾に似た形の木の枝を使ってミクスト・ドリンクを作っていたのを見たイギリス人が「それは何?」と聞いたとき、少年は木の枝の呼び方を聞かれたと勘違いして「コーラ・デ・カジョ」と答えた。これを英語に直訳した「Tail of Cock」がCockTailになったという説。
鶏尾説(アメリカ)
アメリカ独立戦争たけなわの頃、ニューヨーク市北のイギリス植民地にあったバーでのこと。女主人は反独立派の大地主の館から雄鳥を盗んで作ったローストチキンを独立軍の兵士にふるまい、雄鳥の尻尾をミクストした酒の瓶に差していた。それを見た独立軍の兵士が雄鳥の正体を知り「カクテル万歳」と叫んだからという説。
コクチュ説(フランス)
ニューオーリンズで開店した薬局の目玉商品は病人用のラムをベースにした卵酒で、フランス人はコクチェと呼んでいた。病人以外にもファンが増え、いつしかコクチェのような混ぜ物をした飲み物=コクテールと呼ぶようになったという説
ページトップへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。