• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

企業情報

事業案内

アサヒビール事業方針

No.1ブランドの育成と構造改革を通じて国内酒類のリーディングカンパニーを目指す!〜 イノベーションによる新価値創造を推進!〜No.1ブランドの育成と構造改革を通じて国内酒類のリーディングカンパニーを目指す!〜 イノベーションによる新価値創造を推進!〜

「No.1ブランドの育成と構造改革を通じて国内酒類のリーディングカンパニーを目指す!」をスローガンに、アサヒグループの技術や知見を結集し、すべてのカテゴリーにおいて今までにない斬新で革新的な商品を展開し、“No.1ブランド”をひとつでも多く創り出してまいります。

ビール、発泡酒、新ジャンルをはじめ、洋酒、焼酎、低アルコール飲料、ワイン、アルコールテイスト清涼飲料など、総合的なラインナップで、多様化するお客さまのライフスタイルに応えるよう挑戦してまいります。

ビール類事業

ビール類

最大の強みである「ビール」では、『アサヒスーパードライ』が発売30周年を迎えます。本年をスタートとし、「“乾杯!”心がつながるうまさを、ぞくぞくと。」を活動スローガンに掲げ、「飲用機会」と「飲用の場」を創出するさまざまな活動を中長期的に展開していきます。

「発泡酒」では、糖質ゼロ発泡酒のパイオニア『アサヒ スタイルフリー』は、機能性市場を盛り上げる提案を実施していきます。

「新ジャンル」では、『クリアアサヒ』ブランドのさらなる品質向上に加え、飲用シーンを訴求する広告や販促などのマーケティング活動を引き続き展開することで、市場での存在感をさらに高めてまいります。

ビール類以外の酒類事業

ビール類以外の酒類

ビール類以外の酒類に関しては、それぞれのカテゴリーにおいて中核ブランドの育成と強化を図ります。

「洋酒」では、発売20周年を迎える『ブラックニッカ クリア』を、さらに多くのお客さまに体験いただく取り組みを行い、輸入ウイスキーでは、『ジャック ダニエル』ならではの世界観を伝えられるような各種のプロモーションを通じて、さらなる情報発信を展開していきます。

「焼酎」については、焼酎甲類乙類混和売上No.1※1ブランド『かのか』、「低アルコール飲料」では発売2年目を迎える『アサヒもぎたて』のさらなるブランド価値向上を進めてまいります。

「ワイン」については、輸入ワイン市場売上No.1※2ブランド『サンタ・ヘレナ・アルパカ』でラインナップを拡充し、市場の活性化に努めてまいります。

「アルコールテイスト清涼飲料」では、ノンアルコールビールテイスト清涼飲料市場売上No.1※3ブランド『アサヒ ドライゼロ』と、「サワーテイスト清涼飲料」で、お客さまのさまざまなご要望にお応えできるよう、品質面においても磨き続けてまいります。

  • ※1(出典)インテージSRI 焼酎 混和 2015年12月~2016年11月(全国スーパーマーケット/CVS/酒DS計)累計販売金額
  • ※2(出典)インテージSRI 輸入ワイン市場2015年12月~2016年11月 7業態(SM・CVS・酒DS・一般酒販店・業務用酒販店・DRUG・ホームセンター計)累計販売規模(容量)
  • ※3(出典)インテージSRI ノンアルコールビールテイスト飲料市場 2015年12月~2016年11月 7業態(SM・CVS・酒DS・一般酒販店・業務用酒販店・DRUG・ホームセンター計)累計販売金額

営業活動

酒類業界最大級の販売体制を活用し、多様化するマーケットにスピーディに対応していきます。売上データや市場動向、お客様の声などの市場情報をきめこまかく収集し、組織小売業や飲食業をはじめとしたあらゆるお客様の課題を解決する営業スタイルを追求しています。

関わるみなさまと取り組む流通/販売 安心・安全かつ、お客さまの飲む瞬間の満足を高めるために、卸店さま、販売店さま、飲食店さまとともに、「飲むとき品質」にこだわり、そのために徹底した品質管理を行っています。
流通/販売

生産活動・物流活動

お客さまにできたてのおいしさを、少しでも早くお届けしたい。それを実現するために、アサヒビールは購買から生産・物流の全工程を見直し、サプライチェーン・マネジメント(SCM)を構築。さらなる鮮度を追求します。

品質保証システムに基づいた生産アサヒビールは、確かな品質の製品をお届けするため、リスクを限りなくゼロに近づけるためのさまざまなシステム・制度を導入しています。
生産

「できたて品質」にこだわった物流工場における「できたて品質」を保持したまま、商品をお客さまの元にお届けするために、スピーディーな出荷・配送や、品質を劣化させない工夫など、物流段階においてもさまざまな取り組みを行っています。物流

PAGETOP

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。