• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

企業情報

事業案内

アサヒグループの中核事業。お客様を基点としたマーケティングに徹し、既存ブランドの価値向上と新価値提案による需要の創出に挑戦します。

ビール

最大の強みである「ビール」については、『アサヒスーパードライ』の更なる“進化”に加え、『アサヒスーパードライ ドライブラック』を中心に、「スーパードライ」ブランド全体で“限界なき挑戦”をテーマに取り組みます。また、限定商品やスペシャルパッケージといった新たな価値を提供する商品の拡充を通して、飲用シーンの拡大を図ります。
2010年より本格展開した「エクストラコールド」は、当初計画より1年前倒しで展開店数累計1万店を達成しました。本年も「エクストラコールド」の更なる飲用拡大と提供品質の向上を目指します。

  • アサヒ スーパードライ
  • アサヒスーパードライ ドライプレミアム 豊醸
  • アサヒスーパードライ ドライブラック
  • アサヒプレミアム生ビール 熟撰
  • アサヒ オリオンドラフト
  • 海外ブランド

発泡酒

「発泡酒」では、“糖質ゼロ(※1)発泡酒のパイオニア”『アサヒスタイルフリー』を中心に、食と連動した積極的な広告・販促活動を通じてブランド強化に取り組みます。
※1:栄養表示基準に基づき、糖質0.5g(100ml当たり)未満を糖質0(ゼロ)としています。以下同じ

  • アサヒ スタイルフリー
  • アサヒ スタイルフリー【プリン体ゼロ】
  • アサヒ本生 ドラフト
  • アサヒ本生 アクアブルー
  • アサヒレッドアイ

新ジャンル

「新ジャンル」については、主力商品である「クリアアサヒ」ブランドを中心に強化を図ります。具体的には、爽快な味わいとクリーミーな泡持ちが特長の『クリアアサヒ』と、最高級のコクと6%のアルコールが特長の『クリアアサヒ プライムリッチ』、両商品に加え糖質ゼロ(※1)でありながら本格的な飲みごたえをお楽しみいただける『クリアアサヒ糖質0』のブランド価値の向上を目指してまいります。
また、『アサヒ オフ』は、醸造工程において「プリン体最少化技術」(※2)を新たに採用し、“プリン体0”(※3)“糖質0”(※1)を実現しました。引き続き販売を強化していきます。
※2:『アサヒ オフ』比較。以下同じ
※3:100ml当たりプリン体0.5mg未満を「プリン体0」と表示しています。以下同じ

  • クリアアサヒ
  • クリアアサヒ プライムリッチ
  • クリアアサヒ 糖質0
  • アサヒ オフ
  • アサヒ アクアゼロ

ビールテイスト清涼飲料

『アサヒ ドライゼロ』は、“ドライなノドごしで、クリーミーな泡”、そして「最もビールに近い味を目指したコクとキレ」が特長です。
また“カロリーゼロ(※4)”、“糖質ゼロ(※1)”なので、味にこだわりをもつビール類ユーザーに加え、カロリー・糖質が気になる方にもご満足いただける商品です。
『アサヒ ドライゼロフリー』は、“アルコール0.00%”、“カロリーゼロ(※4)”、“糖質ゼロ(※1)”に“プリン体0.0(※3)”を加えた、4つのゼロを実現した商品であり、すっきり爽やかな味わいが特長です。
「ドライゼロブランド」は、『アサヒ ドライゼロ』、『アサヒ ドライゼロフリー』、そして黒ビールのようなコクとうま味が特長の『アサヒ ドライゼロ ブラック』の展開により、ビールテイスト清涼飲料市場におけるプレゼンス拡大を図ってまいります。
※4:栄養表示基準に基づき、エネルギー5kcal(100ml当たり)未満をカロリーゼロとしています。

  • アサヒ ドライゼロ
  • アサヒ ドライゼロブラック
  • アサヒ ドライゼロフリー

低アルコール飲料

「低アルコール飲料」では、伸長する“高アルコール市場”において『辛口焼酎ハイボール』『ハイリキ ザ・スペシャル』に注力し、食事との親和性の高さを訴求するとともに新フレーバーの投入で新しい価値を提案していきます。“ローアルコール市場”では、『カクテルパートナー』や、カロリー控えめで糖質75%オフ(※5)といった機能が特長の『アサヒ Slat(すらっと)』、そして発売20年を超えるロングセラーブランド『カルピスサワー』の展開を拡大します。
※5:当社フルーツチューハイ平均値比
*「カルピスサワー」はアサヒ飲料(株)の登録商標です。

  • アサヒ辛口焼酎ハイボール
  • ウィルキンソンRTD
  • アサヒカクテルパートナー
  • アサヒハイリキザ・スペシャル
  • アサヒSlat(すらっと)
  • アサヒチューハイ果実の瞬間
  • カルピスサワー
  • アサヒ玉露と抹茶チューハイ

カクテルテイスト清涼飲料

「カクテルテイスト清涼飲料」においては、『アサヒ ゼロカク』の基幹フレーバーに加え、季節限定品の展開を拡充しバラエティ豊かな商品ラインナップで多様化するお客様の要望にお応えしていきます。

  • アサヒゼロカク

洋酒

国産洋酒ではクセのないクリアな味わいの『ブラックニッカ クリア』、芳醇な香りとコクの『ブラックニッカ リッチブレンド』、濃厚で深みのある味わいの『ブラックニッカ ディープブレンド』で知られる「ブラックニッカブランド」と、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝の名を冠した「竹鶴ブランド」を重点ブランドと位置づけ、店頭や飲食店での積極的なマーケティング活動を展開していきます。
輸入洋酒では多くのファンに愛される『ジャック ダニエル』『アーリータイムズ』を中心に、スピリッツ、リキュールなど幅広いラインアップでお客様のニーズに応えていきます。

  • ブラックニッカ
  • 竹鶴ピュアモルト
  • シングルモルト余市
  • シングルモルト宮城峡
  • ザ・ニッカ
  • ニッカ カフェグレーン
  • ニッカ カフェモルト
  • フロム・ザ・バレル
  • スーパーニッカ
  • ジャック ダニエル
  • アーリータイムズ

焼酎

焼酎甲類乙類混和売上ナンバーワン(※6)で発売22周年となるロングセラーブランド「かのか」の価値向上に注力します。
また、焼酎系リキュールに分類され伸長が続くRTSカテゴリーでは、新商品「季節香る かのか」を発売します。
業務用市場においては、本格芋焼酎「さつま司」を中心に、新しい飲み方の提案などを通して、新規取り扱い店数を拡大し焼酎市場における当社のプレゼンス拡大を図ります。
※6:インテージSRI調べ 焼酎 混和 2014年1月〜2014年12月累計販売金額(全国スーパーマーケット/CVS/酒DS計)

  • かのか
  • 季節香るかのか
  • さつま司
  • 薩摩こく紫
  • 一番札
  • 大五郎

ワイン

「ワイン」では、多様なお客様の嗜好や飲用シーンに応じた販促提案の取り組みを強化します。国産ワインでは、気軽に楽しめるカジュアルなワイン『サントネージュ リラ』を最重点ブランドと位置付け、季節ごとの催事に合わせた売り場提案に注力します。
また、輸入ファインワインについては『ルイ・ラトゥール』と、その傘下でボージョレ地区の有力ブランドとして知られる『アンリ・フェッシ』、昨年1月より取り扱いを開始した『ミッシェル・リンチ』の3ブランドを中心に販売を強化します。
輸入デイリーワインについては、昨年大きく販売数量を伸ばしたチリの『サンタ・ヘレナ』、スペインの『ヴィニャ・アルバリ』を中心に季節ごとのイベントに合わせた売り場提案や、当社樽生取扱店でのオンメニューを促進することで販売を強化します。

  • サントネージュワイン
  • ニッカシードル
  • アップルワイン
  • ルイ・ラトゥール
  • ランソン
  • JMカーズ
  • ジネステ

営業活動

酒類業界最大級の販売体制を活用し、多様化するマーケットにスピーディに対応していきます。売上データや市場動向、お客様の声などの市場情報をきめこまかく収集し、組織小売業や飲食業をはじめとしたあらゆるお客様の課題を解決する営業スタイルを追求しています。

関わるみなさまと取り組む流通/販売 安心・安全かつ、お客さまの飲む瞬間の満足を高めるために、卸店さま、販売店さま、飲食店さまとともに、「飲むとき品質」にこだわり、そのために徹底した品質管理を行っています。
流通/販売

生産活動・物流活動

お客さまにできたてのおいしさを、少しでも早くお届けしたい。それを実現するために、アサヒビールは購買から生産・物流の全工程を見直し、サプライチェーン・マネジメント(SCM)を構築。さらなる鮮度を追求します。

品質保証システムに基づいた生産アサヒビールは、確かな品質の製品をお届けするため、リスクを限りなくゼロに近づけるためのさまざまなシステム・制度を導入しています。
生産

「できたて品質」にこだわった物流工場における「できたて品質」を保持したまま、商品をお客さまの元にお届けするために、スピーディーな出荷・配送や、品質を劣化させない工夫など、物流段階においてもさまざまな取り組みを行っています。物流

PAGETOP

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。