• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > カクテルガイド > カクテルを楽しむ > 太平洋を渡った美少年 
ASAHI COCKTEIL GUIDE
TOP かんたんカクテルレシピ カクテルを知る カクテルを楽しむ 洋酒を楽しむ カクテルレシピ検索
こんな風に、こんなときに。 カクテルを楽しむ
気分で楽しむ
スカッと!
ハッピー!
ドラマティック。
エネルギッシュ!
チルアウト…
TPOにあわせて楽しむ
食前に。
食後に。
彼女と。
ひとりで。
カクテルのうんちくを楽しむ
太平洋を渡った美少年
王女様に捧げる一杯
温故知新
画家と双子と
なるほど似ているけれど
カクテルのうんちくを楽しむ
太平洋を渡った美少年
そのミュージカルが開幕したのは1884年9月4日のことでした。 アドニス バンブー
そのミュージカルが開幕したのは1884年9月4日のことでした。脚本はウイリアム・ジルとヘンリー・ディクシー。音楽はエドワード・ライス。ニューヨークのビジュー・オペラ・ハウスで六百回にも及ぶロングランを続けたヒット作の名前は、「アドニス」といいます。

アドニスというのは、ギリシア・ローマ神話につたわる美少年の名前。彼は、美と性愛の女神アフロディーテ(俗にいうヴィーナス)のお気に入りでもありました。危険なことはせぬようにというアフロディーテの懇願にもかかわらず、イノシシ狩りに出かけて命を落としたのですが、その血からはアネモネの花が生まれたと、神話は語っています。

ミュージカルの方は、そんなアドニスの彫像が突然命を吹き込まれ、さまざまな冒険に巻き込まれていくというものだったようですが、このミュージカルに触発されて生まれた〈アドニス〉というカクテルの方も、世界を股にかけた大冒険を繰り広げたのです。

ミュージカル同様、カクテルの方も最初はニューヨークのバーで大評判となったのですが、その人気はニューヨークにとどまるものではありませんでした。

遅くともその五年後までには、最後のフロンティアを求める人々とともに大陸横断鉄道に乗って、はるかカリフォルニアへと伝わっていたのです。

その年、〈アドニス〉はひとりの人物に手を引かれ、サンフランシスコのホテルから太平洋をわたって横浜へとたどり着きます。

道案内をつとめたのは、当時の横浜グランド・ホテルに支配人として迎えられたルイス・エッピンガー。

〈アドニス〉は、エッピンガーの手で日本情緒を織り込まれ、あらたに〈バンブー〉としてグランド・ホテルのメニューに載ります。

このカクテルは、相前後して日本と同盟を結ぶことになるイギリス人の味覚に見事にマッチしました。

イギリス人といえば、もともとヘレスというスペインの地酒でしかなかったものを「シェリー」という名で広めた張本人。そのシェリーを使った〈アドニス〉や〈バンブー〉を嫌う道理はなかったのです。

彼らはこのカクテルを、おそらくはシンガポール、インドと経由して、ヨーロッパへと持ち帰ったのでしょう。あるいはふたたび太平洋をわたって、カリフォルニアからアメリカを東進していったのかもしれません。

少なくとも1910年には〈アドニス〉誕生の地、ニューヨークで、チャーリー・ホフマンというバーテンダーが〈バンブー〉を紹介していることが記録に残されています。

その後、一世紀が過ぎようとしていますが、〈アドニス〉も〈バンブー〉も、いまなお現役の食前酒として活躍を続けています。彼らの大冒険は、まだまだ続くことでしょう。
ページトップへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。