• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > 特集 バーテンダーのための教育機関「Bols Bartending Academy」とは? (1) 
特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
前号へ 次号へ 最新号はこちら

バーテンダーのための教育機関「Bols Bartending Academy」とは? 前号で紹介したHouse of Bolsには、プロフェッショナルのためのバースクール「Bols Bartending Academy」が併設されている。バーテンダーなら誰もが気になる、その詳細をナビゲート。

2007年春にオープンした「Bols Bartending Academy」。 そもそもなぜ設立に至ったのか? カリキュラムの内容は? 同アカデミーのシニアトレーナーに話をうかがった。

「Bols Bartending Academy」のシニアトレーナー
MONTHLY SPECIAL ISSUE 1
● プロによるプロのためのバー学校。

2007年春、オランダ・アムステルダムに、前号で紹介したHouse of Bolsとともに、ボルス社が直接運営するバースクール「Bols Bartending Academy(以下BBA)」がオープンした。ボルス商品の啓蒙という側面はほとんどなく、あくまでバー業界のレベルアップを図る、というのが狙いだ。同アカデミーのシニアトレーナーであるロブ・レイドメイカー氏に話を聞いた。

「我々ボルス社には、創業1575年から400年以上にわたって築いてきた世界中とのネットワークがあります。オランダ東インド会社を通して、世界中から原料となるハーブや香辛料を仕入れ、それをもとにリキュールをつくり、世界中に輸出してきました。その伝統を受け継ぎ、現在も110ヶ国以上にディストリビューターを持っています」

「これまでは、ブランドアンバサダーがバーキットを持参し、世界中の国々を回ってバー業界のレベルアップを図ってきましたが、自ずと限界がありました。そこで、いっそのことアムステルダムにバー学校をつくってしまおう、という発想に至ったのです」

BBAは、アマチュア向けのカクテル講座ではない。あくまで、プロフェッショナルのためのバーテンダー養成機関だ。12の完璧なバーステーションを備え、バースクールとしてはヨーロッパ最大の規模を誇る。ボルス商品のみならず、他ブランドのスピリッツやリキュール、ビール、ワイン、コーヒーなども揃え、実践的なバーテンディングのあり方を教えていく。ちなみに基本コースは、HBI(Horeca Branche Instituut ホテル・レストラン・カフェ協会)の認定を受けている。

BBAでは大きく別けて5つのコースを用意しているが、どのコースでも基本となるのは、以下の7つの項目だ。

  1 speed(スピード)
  2 efficiency(効率性)
  3 accurate free pouring(正確な分量での注ぎ方)
  4 general product knowledge(商品知識)
  5 hygiene(衛生学)
  6 alcohol awareness(アルコールについて)
  7 hospitality and mixology(ホスピタリティーとミクソロジー)

ロブ・レイドメイカー氏

ロブ・レイドメイカー氏

Bols Bartending Academy(BBA)
Page 1 Page 2
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。