• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年10月24日
アサヒビール株式会社
ニッカウヰスキー株式会社

ニッカウヰスキー(株)柏工場の樽容器製造ラインを増強し、
樽詰め製品の製造能力を約2倍に拡大!
〜好調に推移する「ブラックニッカ クリア 樽詰めハイボール」
今後見込まれるさらなる販売数量の増加に対応〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、飲食店向けに展開する「ブラックニッカ クリア 樽詰めハイボール」が好調に推移していることから、ニッカウヰスキー株式会社柏工場(千葉県柏市、以下:柏工場)の樽容器の製造ラインを増強し、2018年5月の安定稼働を目標に、製造能力を約2倍に拡大します。

 樽容器製造ライン増強にあわせて、柏工場で製造していた一部のリキュール類などの缶製品を2017年10月製造分からアサヒビール株式会社茨城工場(茨城県守谷市、以下:茨城工場)へ集約し缶製品の製造ラインも強化することから、2工場合わせた設備投資金額は、本年から2018年にかけて約15億円を予定しています。
 なお、茨城工場ではRTD缶製品の製造ラインを約1.2倍の製造能力に拡大します。

 国産ウイスキー市場が拡大し、ウイスキーの飲まれるシーンが多様化しており、お客様が飲食店でウイスキーハイボールを楽しむシーンが増えています。アサヒビール(株)では、飲食店向けに、独自に開発した専用ディスペンサーにより、「ブラックニッカクリア 樽詰めハイボール」が氷点下(-2℃〜0℃)で楽しめる「フリージングハイボール」や、通常のジョッキ(380ml)よりも大きなジョッキ(700ml)で提供する「ブラックニッカ ビッグハイボール」などの飲み方提案を展開しています。

 本年1-9月の「ブラックニッカ クリア 樽詰めハイボール」の販売数量は前年比140%と伸長しており、今後見込まれるさらなる販売数量の増加に対応します。

(※)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。


ニッカウヰスキー(株)柏工場 樽容器製造ライン
*現在のラインです。
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。