• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年6月22日
アサヒビール株式会社

「九州の新鮮な食材を、もっとおいしく」
『クリアアサヒ 九州うまか仕込』
ご好評につき第3弾、7月11日(火)九州エリアにて限定発売!
〜地元の郷土料理との相性の良さを訴求、九州エリア7県でオリジナルPOPを展開〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『クリアアサヒ』の九州エリア限定商品、『クリアアサヒ 九州うまか仕込』を、7月11日(火)より福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県限定で発売します。

 アサヒビール(株)は、新ジャンル主力商品である『クリアアサヒ』において、「最も“食”との距離感が近く、お客様にとって身近な商品」を目指し、「食卓の彩り」や「“季節の食”との連動」を念頭に置いた限定商品を展開するなど、様々な取り組みを行っています。この取り組みの一環として、食材が豊富で様々な食文化に溢れた九州エリアの魅力ある「食」特性とのマッチングを狙いとして、2016年11月に、九州限定で『クリアアサヒ 九州うまか仕込』を発売しました。多くのお客様からご好評を頂戴し、2017年4月に第2弾を発売、今般2017年7月11日(火)に第3弾を発売します。

 『クリアアサヒ 九州うまか仕込』は、「九州の食卓を、もっとおいしく」をコンセプトとし、九州エリアならではの豊富で新鮮な食材がもつ「うま味」と、九州の特長である味付けの「甘み」に着目して開発した商品です。食材の風味を打ち消さない「爽快な味わい」をベースとしながら、食材の「うま味」、味付けの「甘み」と調和する中味に仕上げました。

 缶体パッケージには、『クリアアサヒ』のデザインをベースに、商品名の「九州うまか仕込」を中央に、また、「九州の新鮮な食材を、もっとおいしく」の文字とともにお箸を象徴的に配し、食との相性訴求を高めています。6缶パック中央には、缶体デザインとともに、大きく「九州限定」の文字をデザインしました。

 アサヒビール(株)は、本年、「味覚センサー」※を用いて証明した『クリアアサヒ』と料理の相性の良さを、「食にぴったり!クリアアサヒ」と題した汎用型POPを作成し全国の店頭で訴求しています。

※“味覚”を定量的な数値データとして出力できる機械のことです。慶應義塾大学が開発した味覚センサー「レオ」は、「甘味・旨味・塩味・酸味・苦味」の基本5味の元になる成分を電気的に測定したあと、人工知能によって補正。人間が実際に感じる味を数値化することが可能です。なお、90ポイント以上が、一般的に相性が良い組み合わせとされています。

◇汎用型POP

汎用型POP

 また、九州では全国で唯一、九州エリア7県において、郷土料理との相性の良さを訴求したPOPを展開し地域の皆さまからたいへんご好評をいただいています。今般発売する『クリアアサヒ 九州うまか仕込』でも、『クリアアサヒ』と同様に九州エリア7県で、郷土料理との相性の良さをオリジナルPOPを使って訴求していきます。

◇『クリアアサヒ 九州うまか仕込』九州限定POP

『クリアアサヒ 九州うまか仕込』九州限定POP

 アサヒビール(株)は、『クリアアサヒ 九州うまか仕込』の発売により、九州エリアでの地域密着の営業活動をすすめるとともに、「クリアアサヒ」ブランド全体の強化を図っていきます。

【商品概要】

商品名 クリアアサヒ 九州うまか仕込
品目 リキュール(発泡性)①
原材料 発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)
容器・容量 缶350ml
アルコール分 5%
発売日 7月11日(火)
販売目標 720,000本(24本/箱)
製造工場 博多工場
発売地区 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県限定
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。