• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年3月2日
アサヒビール株式会社
ニッカウヰスキー株式会社

「ブラックニッカ」発売60周年記念ウイスキー、好評につき再発売!
『ブラックニッカ ブレンダーズスピリット』
〜ウイスキーの限定商品として異例のスピードで完売!再発売のご要望に対応!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『ブラックニッカ ブレンダーズスピリット』(瓶700ml)を2017年3月28日(火)から再発売します。販売予定数量は1万箱(1箱=700ml×12本)です。

 『ブラックニッカ ブレンダーズスピリット』は、ニッカウヰスキー鰍フ主力ブランド「ブラックニッカ」発売60周年を記念して2016年11月1日(火)に1万2千箱の数量限定で発売しました。
 ウイスキーの限定商品としては異例のスピードで発売後1週間で製造数量の8割以上を出荷した他、アサヒビールのオンラインショップ「アサヒショップ」では発売開始翌日には予定本数を完売するなど好調な販売状況となり、再発売のご要望が多かったことや、20代のウイスキーエントリーユーザーの購入率が約15%となり、ウイスキーユーザーのすそ野を広げる商品であることが確認されたことから再発売に至りました。

 再発売する『ブラックニッカ ブレンダーズスピリット』は、前回同様、初代「ブラックニッカ」が発売された1956年に余市蒸溜所で蒸溜されたモルト原酒や、1999年以前に西宮工場に設置されていたカフェ式蒸溜機で蒸溜されたカフェグレーンを一部使用するなど、希少な原酒を使用していることから、1万箱の限定発売としました。

 チョコレートのような甘い香りと、心地よいピート香に加え、長期熟成原酒ならではの円熟味とまろやかな味わいが特長で、初代マスターブレンダーの竹鶴政孝から始まり、60年の歳月をかけて、その時代のブレンダー達が脈々と築き上げてきたおいしさの集大成とも言える商品で、「ブラックニッカ」ブランドの60年の歴史を堪能できる味わいに仕上がっています。

 パッケージは、ロイヤルブルーのスクエアボトルにフロスト加工を施し、ラベル中央には「ブラックニッカ」ブランドの象徴である「キング・オブ・ブレンダーズ」を配置しました。

■「ブラックニッカ」ブランドについて
  • ・ 「ブラックニッカ」は、“日本のウイスキーの父”であり、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝が1956年に「日本の洋酒界を代表するブランドにしたい」との想いを込め生み出したブランドです。1997年にはノンピート麦芽を使用した日常的に気軽に楽しめるクセがない飲みやすいウイスキーとして「ブラックニッカ クリアブレンド」を発売(2011年にブラックニッカ クリアに改称)、さらに2013年に、芳醇さと豊かなコクを実現した「ブラックニッカ リッチブレンド」、2015年にはブラックニッカ史上、最も濃厚な味わいを実現した「ブラックニッカ ディープブレンド」を発売し、ウイスキーユーザーの裾野を広げてきました。
  • ・ 60周年となった2016年の販売数量は、初の300万箱を超え321.5万箱(前年比114.5%)となり、4年連続で「ブラックニッカ」ブランドとして過去最大となりました。
    *1箱=700ml×12本換算

【『ブラックニッカ ブレンダーズスピリット』商品概要】

商品名 ブラックニッカ ブレンダーズスピリット
アルコール分 43%
品目 ウイスキー
容量 瓶700ml
発売日 2017年3月28日(火)
発売地域 全国
価格 オープン価格 *参考小売価格:2,500円(消費税別)
限定数量 1万箱(*1箱=700ml×12本)
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。