• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年2月23日
アサヒビール株式会社

アサヒの森 『焚火と森とウイスキー』
〜森で楽しむ大人の時間〜
参加者募集中

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、社有林「アサヒの森」の一部である 甲野村山こうのむらやま(広島県庄原市)において、今回で2回目となる大人のための夜のイベント『アサヒの森 焚火と森とウイスキー』を 4月15日(土)に開催します。

 イベントではアサヒの森散策に加え、焚火がパチパチとはじける音、凛とした森の空気、そして、ジャズのライブ演奏を楽しみながら美味しいウイスキー『ジャック・ダニエル』と共に、ゆったりとした大人の時間を体感頂きます。

 焚火にはアサヒの森の間伐材から作った薪を使用します。焚火を通じて適切な森林管理と木質バイオマスとしての森林資源の有効活用について参加者と一緒に考えていきます。

「アサヒの森」について詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.asahibeer.co.jp/asahi_forest/

 アサヒビール(株)は、1941年から保有する森林「アサヒの森」において、健全な森林の維持と持続可能な森林経営に取り組んできました。アサヒビール(株)の事業は、自然の恵みである麦芽やホップ、そしてなにより水によって支えられており、貴重な水を浄化し蓄える機能をもつ森林を守ることは事業を守ることにつながると考えています。

 アサヒビール(株)は、社有林「アサヒの森」での体験型プログラムを通じ、責任ある森林管理、水を蓄える働きや生物多様性の保全など森林の役割の重要性を啓発していくことで、持続可能な社会の実現に貢献することを目指しています。

【『アサヒの森 焚火と森とウイスキー』概要】

実施日 4月15日(土) ※悪天候により中止する場合もあります。
実施場所 「アサヒの森」甲野村山(広島県庄原市)
集合場所 13:00 広島駅
※参加者には詳細をご連絡します。
※お酒のイベントですので、当日車での参加はお断りします。(広島駅までも含む)
※集合場所までの交通・宿泊費などは参加者のご負担となります。
応募条件 満20歳以上の方。
健康上心配がない方、団体行動に支障がない方。
※アサヒグループ社員および関係者の応募はできません。
募集人数 最大20名様
参加費用 おひとり様 3,000円 (税込)※バス代、イベント参加代、保険代含
スケジュール 13:00 集合 広島駅
15:00 「アサヒの森」甲野村山到着
オリエンテーション、アサヒの森散策
焚火を囲んでのウイスキータイム(ジャズライブ演奏あり)
20:00 「アサヒの森」甲野村山出発
22:00 解散 広島駅
※プログラム変更の場合もございますのでご了承ください
応募方法 はがき、またはFAX
代表者の氏名、住所、年齢、直接連絡の取れる電話番号、メールアドレス
参加者の氏名、年齢
応募先 〒727-0012 庄原市中本町1-8-2
アサヒの森環境保全事務所 宛
FAX 0824-72-0728
イベントに関する
お問い合わせ
アサヒビール株式会社 中国統括本部 営業企画部 広報・宣伝担当者
電話:082-546-1690 (10:00 〜 17:00※土・日・祝日を除く)
募集期間 2017年3月27日(月)到着分まで
抽選・当選発表 ・厳正な抽選の上、当選者様のみにEメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。(3月31日(金)までを予定)
・ご当選者様のEメールアドレス、住所・転居先不明、不在などによりご連絡がつかない場合は、当選を無効とさせていただきます。
・ご応募いただく際にお預かりする皆様の個人情報は、抽選結果のご連絡および当日ご参加のみに利用させていただきます。
主催 アサヒビール(株)中国統括本部、アサヒの森環境保全事務所

 アサヒビール(株)の主力商品『アサヒスーパードライ』は発売30周年である本年をスタートとし、“乾杯!心がつながるうまさを、ぞくぞくと。”を活動スローガンに掲げ、「飲用機会」と「飲用の場」を創出する様々な活動を展開していきます。
 また、輸入洋酒では、主力の『ジャック ダニエル』を唯一無二のブランドとして確立するため、プロモーションテーマ「It’s Jack」のもと、ブランド価値の向上を目指します。

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。