• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年1月24日
アサヒビール株式会社

日本代表の活躍を通じて、日本に“勇気と元気”を!
『アサヒスーパードライ プレゼンツ
2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™東京プール』の特別協賛社ならびに
日本代表オフィシャルチームパートナーに決定!
〜アサヒビールは、日本代表の“世界一への挑戦”を応援します!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、2017年3月7日(火)から3月16日(木)にかけて開催される『アサヒスーパードライ プレゼンツ 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™東京プール』の特別協賛社となりました。大会の名称には、本年発売30周年の節目を迎える『アサヒスーパードライ』のブランド名を表記し、「日本代表チーム」の“世界一への挑戦”を応援していきます。

 「WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)は今回が4回目の開催となります。プロアマを問わず世界各地の野球選手が国や地域を代表して戦い、“野球における世界最高峰の最強国決定戦”と位置付けられています。日本代表は過去2大会(2006年、2009年)で連覇し、2013年に開催された前回大会は惜しくも準決勝敗退という結果でした。本大会は再び“世界の頂点”に向け、日本中が注目し、その活躍を応援するという国民的スポーツイベントとなることが期待されます。

 1次ラウンドは16の国と地域が4つの組に分かれ、日本を含む4つの地域で戦い、上位2チーム(計8チーム)が2次ラウンドに進出します。2次ラウンドは8チームが2つの組に分かれ、日本とアメリカでそれぞれ上位2チーム(計4チーム)が準決勝に進出。勝った2チームにより決勝をアメリカでおこない世界一の野球国が決定するというものです。

 アサヒビール(株)は、2001年から「野球日本代表チーム」のオフィシャルサプライヤーや、「侍ジャパン」のオフィシャルパートナーとして、アテネ五輪、北京五輪、プレミア12など、“世界一”を目指して挑戦する野球日本代表チームの“夢と情熱”を応援してきました。2006年、2009年、2013年に開催されたWBCにおいても、「WBC日本代表チーム」のオフィシャルチームスポンサーを務めました。2017年も「WBC日本代表チーム」の応援キャンペーンを実施するなど、話題性を喚起する施策をおこなっていきます。

 アサヒビール(株)は、本年発売30周年を迎える『アサヒスーパードライ』において、中長期的なスローガン「乾杯!心がつながるうまさを、ぞくぞくと。」を掲げ、今後も新たな“飲用機会”と“飲用の場”の創出する取り組みを続々と展開していきます。

ご参考:『2017WORLD BASEBALL CLASSIC™』大会概要

大会正式名称 2017WORLD BASEBALL CLASSIC™
スケジュール <全体>
 日 程 :3/6(月)〜3/22(水)
 試合数 :39試合

<1次ラウンド>
 日 程 :3/7(火)〜 3/11(土)※日本会場の開催日
 開催場所:日本・韓国・メキシコ・アメリカ
 試合形式:総当たりリーグ戦
 試合数 :24試合 (日本代表チームの試合は3試合)
※アサヒスーパードライ プレゼンツ2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™
1次ラウンド 東京プール
 開催場所:日本(東京ドーム)
 出場国:日本、キューバ、オーストラリア、中国

<2次ラウンド>
 日 程 :3/12(日)〜 3/16(木)※日本会場の開催日
 開催場所:日本・アメリカ
 試合形式:総当たりリーグ戦
 試合数 :12試合 (2次ラウンド進出の場合、日本代表チームの試合は3試合)
※アサヒスーパードライ プレゼンツ2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™
2次ラウンド 東京プール
 開催場所:日本(東京ドーム)
 出場国:1次ラウンドの「東京プール」、「ソウルプール」の各上位2チーム

<決勝ラウンド>
 日 程 :3/20(月)〜3/22(水)
 開催場所:アメリカ(ロサンゼルス)
 試合形式:トーナメント方式
 試合数 :3試合(決勝:1試合、準決勝:2試合)
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。