• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年1月6日
アサヒビール株式会社

『アサヒドライゼロフリー』クオリティアップ実施
新たに“人工甘味料0”として「5つのゼロ」を実現!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ビールテイスト清涼飲料『アサヒドライゼロフリー』のクオリティアップを実施し、2017年1月下旬製造分から順次切り替えます。

 『アサヒドライゼロフリー』はビールテイスト清涼飲料市場の中で、カロリーや糖質、プリン体などが気になるお客様により高い評価をいただいています。今回のクオリティアップでは、健康志向の高いお客様にとってさらに魅力あるブランドになることを目指し、これまでの“カロリー0※(1)”“糖質0※(1)”“プリン体0.0※(2)”“アルコール0.00”に“人工甘味料0 ”を加えて「5つのゼロ」を実現しました。なお、“人工甘味料0”を実現するために「ステビア※(3)」を新たに使用しました。

 パッケージでは、商品特長を分かりやすく訴求できるように缶体左上に「5つのゼロ」のリボンをあしらうとともに、缶体正面に5つの“0 ”をアイコンで表記しました。

 『アサヒドライゼロフリー』はドライなのどごしとすっきりクリアな味わいを楽しめるビールテイスト清涼飲料です。アサヒビール(株)の2016年年間のビールテイスト清涼飲料の販売数量は前年比108.2%の794万箱※(4)となり、年間目標販売数量の750万箱を達成しました。今回のクオリティアップにより、お客様の健康志向がますます高まるビールテイスト清涼飲料市場でのプレゼンス向上を図ることで、2017年年間のビールテイスト清涼飲料の販売目標800万箱※(4)の達成を目指します。

  • ※(1):栄養表示基準による
  • ※(2):100ml当たりプリン体0.05mg未満を「プリン体0.0」と表示しています。
  • ※(3):ステビアとは、キク科植物ステビアから得られた天然甘味料の一般名です。ステビアの乾燥葉には甘み成分が約10〜12%含まれており、葉を噛んだだけでも強い甘みを感じます。
  • ※(4):1箱は、大瓶633ml×20本換算

商品概要

商品名 アサヒドライゼロフリー
名称 炭酸飲料
原材料名 食物繊維(難消化性デキストリン、大豆食物繊維)、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(ステビア)
容器・容量 缶350ml、缶500ml
アルコール分 0.00%
クオリティアップ予定 2017年1月下旬以降製造分から切り替え
製造工場 吹田工場
発売地域 全国
ブランドサイト http://www.asahibeer.co.jp/dryzerofree/
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。