• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2016年

2016年11月30日
アサヒビール株式会社

『アサヒスーパードライ 樽生乾杯キャンペーン』
寄付金77,352,168円をJOC・JPC他へ寄付!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、本年6月21日〜8月21日に実施した「アサヒスーパードライ 樽生乾杯キャンペーン」において、樽生ビールの売上に応じて確定した77,352,168円を11月30日に以下の4団体に寄付しました。

 当社は、2015年1月のパートナー契約以降、ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)」として、大会の成功と、参加する選手及び応援する方々も含め日本全体を元気にすることを目指し、「スーパードライで、ともに乾杯!」をテーマに、様々なマーケティング活動を展開しています。

 同キャンペーンは、その一環として今夏に取り組んだ施策であり、期間中に出荷したスーパードライ樽生1Lにつき1円がオリンピック・パラリンピック日本代表選手団やアスリート育成・強化等に寄付されます。リオ2016オリンピック日本代表選手団が史上最多のメダル数を獲得する等、多くの感動をもたらし日本中を歓喜の渦に包んだリオ2016大会開催時期にあわせて展開しました。

 おかげさまで、大変多くのお客様からのご賛同をいただき、期間中、日本全国で77,352,168L分の“乾杯”を頂戴しました。また、本キャンペーンは、全国約20万店の料飲店様にご賛同とご協力を頂きました。本キャンペーンにご参加、ご協力を賜りました全ての皆様方に心より御礼申し上げます。

 当社は、かつてない連帯感や団結を生みだす祭典となることが予想される東京2020大会に向け、人と人とのつながりや団結、大会への期待や感動、興奮、そして人と人とが互いに称えあう喜びあふれるシーンの創出を目指し、さまざまなマーケティングアクションを実施していきます。

<寄付先・寄付金額>

寄付先 寄付金額
公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC) 30,940,867円
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC) 30,940,867円
独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC) 7,735,217円
公益財団法人日本体育協会(JASA) 7,735,217円

<各団体からのコメント>

・公益財団法人日本オリンピック委員会  会長 竹田 恆和 様
 「この度は、リオデジャネイロオリンピック日本代表選手及び東京2020を目指すトップアスリートに対して、強化・育成等へのご支援を頂き心より感謝申し上げます。JOCは、 国民の皆様に夢と感動を与えられるよう引続き競技団体とともに邁進してまいりますのでご声援のほどよろしくお願い申し上げます。」

・公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会 会長 鳥原 光憲 様
 「この度は、アサヒビール様の樽生乾杯キャンペーンをとおして多くのみなさまにパラリンピック日本代表選手団を応援していただきありがとうございました。心よりお礼申し上げます。みなさまの応援が、アサヒビール様からのご寄付につながりました。いただいたご寄付につきましては、障がい者スポーツの更なる普及、選手強化に活用させていただきます。引き続き障がい者スポーツへのご支援をよろしくお願いいたします。」

・独立行政法人日本スポーツ振興センター 理事長 大東 和美 様
 「この度は、ご寄付をいただいたアサヒビール様、またこのキャンペーンにご賛同いただいた多くの皆様に深く感謝申し上げます。私たちは、コーポレートメッセージとして“未来を育てよう、スポーツの力で。”を掲げ、我が国のスポーツの振興や児童生徒の健康の保持増進のために活動しています。今回のご寄付を活用させていただき、未来のアスリート育成にも貢献してまいります。」

・公益財団法人日本体育協会  会長 張 富士夫 様
 「ご寄付をいただいたアサヒビール様に心から感謝申し上げます。私たちは、スポーツのもつ価値や意義を広く国民にアピールし、スポーツを通じた活力ある社会の実現をめざしています。今回のご寄付も、スポーツの大切さや素晴らしさを未来の子どもたちに伝えていく活動や、次世代のタレントの発掘・育成などに活用させていただきます。」

※公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のパートナーと位置付けられており、大会運営や日本代表選手団のサポート、オリンピック・パラリンピックムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。