• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2016年

2016年10月3日
アサヒビール株式会社

CO2排出量の削減に貢献
環境に配慮した「軽量6缶パック」採用について

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、環境に配慮した「軽量6缶パック」を採用し、本年10月中旬以降北海道工場、四国工場を皮切りに2018年中を目途に全8工場での展開を目指します。

現行の6缶パックでは、パックの四隅上下、計8か所で缶を板紙によって押さえて固定する仕様となっていますが、今回新たに採用した仕様では、6缶全ての缶底部を1本1本保持できる板紙の形状としました。これによって、従来以上の缶の安定性を確保できるようになり、6缶パック板紙の面積を縮小することが可能となりました。当社従来品比で約10%(約4g)の紙使用量の削減となります。

※缶350ml用6缶パックの削減量です。

この板紙により、6缶全ての缶底部を1本1本保持できるようになりました。従来以上の安定性を確保しています。

 対象商品はビール類全ブランドの缶350ml、缶500ml、缶250ml、ビールテイスト清涼飲料全ブランドの缶350ml、缶500mlです。なお、「軽量6缶パック」を全8工場で展開することによるCO2排出量の削減は年間約5,000tとなります。

 また、従来の6缶パックでは、天面の開封ジッパーは右からのみ開封可能な仕様でしたが、今回の「軽量6缶パック」では、ユニバーサルデザインの一環として、業界初の両方向から開封できる仕様を採用しました。

 アサヒビール鰍ヘ、「グループ環境ビジョン2020」に掲げた「2020年までにCO2削減量を2008年比で30%削減する」というグループ目標に向け積極的に取り組んでいます。今回の「軽量6缶パック」の展開もこの一環として行うもので、今後も様々な分野で環境負荷を抑えた施策を積極的に行っていきます。

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。