• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2016年

2016年7月19日
アサヒビール株式会社

オレンジの爽やかな風味と、ライムのスッキリとした味わい
「アサヒもぎたて」基幹フレーバー第4弾!<新鮮オレンジライム>登場
〜販売好調につき、初年度販売目標(※1)を750万箱(※2)に再上方修正〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、本年4月に発売した、RTD(※3)カテゴリーの新ブランド「アサヒもぎたて」より、新フレーバー<新鮮オレンジライム>(缶500ml、缶350ml)を、2016年8月30日(火)より全国で発売します。

 また、「アサヒもぎたて」ブランドの4-6月の販売数量は計画比1.6倍と好調で、7月下旬には初年度販売目標の5割となる300万箱を達成する見込みとなったため、初年度販売目標を25%増の750万箱に上方修正します。「アサヒもぎたて」は、5月に発売当初の目標500万箱を2割増の600万箱へ上方修正しており、今回は2度目の上方修正となります。

  • (※1)初年度販売目標の期間は、2016年4月-2017年3月です。以下同じ。
  • (※2)1箱=250ml×24本換算。以下同じ。
  • (※3)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。

 『アサヒもぎたて新鮮オレンジライム』は、 爽やかなオレンジの風味とライムのすっきりした後味で、“新鮮”な柑橘の味わいが楽しめる缶チューハイです。アルコール度数は9%で、しっかりとした飲みごたえです。

 使用するオレンジ果汁とライム果汁は全て、収穫後24時間以内に搾汁された果汁で、独自技術の「アサヒフレッシュキープ製法」(※4)を採用し、果実本来の香味成分の劣化を抑制し、つくりたてのおいしさと新鮮な果実の味わいを実現しています。

 パッケージデザインは、商品名「もぎたて」と「24時間以内搾汁」果汁を大きく記載し、新鮮さを分かりやすく訴求します。シルバーと黒の配色で、スッキリとした味わいと力強い飲みごたえを表現しました。

(※4)果実本来の香味成分の劣化を抑制し、果実のフレッシュな味わいをキープする製法。特許出願中の独自技術を掛け合わせています。

 RTD市場は、「家飲み」需要の高まりや、他の酒類カテゴリーからの流入などを背景に、2008年以来8年連続で伸張している成長市場です。アサヒビール(株)の調べでは、2016年上半期のRTD市場は、数量ベースで前年比113%で着地した模様です。その中、アサヒビール(株)のRTD全体の販売数量(缶・瓶)は、1-6月累計で前年比139%と大きく上回りました。中でも、6月発売の期間限定フレーバー<新鮮白桃>は、発売後2週間の販売数量が計画比157%となり、上半期の販売数量を牽引しました。

 また、「アサヒもぎたて」は、本年6月に開催された国際的な食品・飲料品のコンテスト「国際味覚審査機構(International Taste & Quality Institute)」において、<新鮮レモン>が「優秀味覚賞」の2ツ星、<新鮮グレープフルーツ>が1ツ星を獲得しました。「優秀味覚賞」の審査員は、ヨーロッパの権威ある15の調理師協会および国際ソムリエ協会(A.S.I.)に属する一流シェフやソムリエで構成されており、カテゴリーごとに、ブラインドで行われるテイスティングにより評価されます。「アサヒもぎたて」は、「その他のスピリッツ(蒸溜酒)」カテゴリーに出品し、「優秀味覚賞」の星を獲得しました。

 アサヒビール(株)は、新ブランド「アサヒもぎたて」をRTD事業における代表ブランドとすべく注力し、事業全体のさらなる成長を目指します。

【商品概要】

商品名 アサヒもぎたて新鮮オレンジライム
品目 スピリッツ(発泡性)①
容量 缶500ml・缶350ml
アルコール分 9%
果汁含有量 2%
発売日 2016年8月30日(火)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:191円(消費税抜き)、缶350ml:141円(消費税抜き)
販売目標 2016年4月-2017年3月:750万箱
(2016年4-12月:560万箱)
ブランドサイト http://www.asahibeer.co.jp/mogitate/

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。