• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2016年

2016年6月23日
アサヒビール株式会社

「ウィルキンソンRTD(※)」 リニューアル&ラインアップ拡充
甘さ抑えて、後味のキレアップ!さらにすっきり爽快な味わいへ。
『ウィルキンソンジントニック+レモンライム』 7月20日(水)新登場

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『ウィルキンソンジントニック+レモンライム』(缶500ml、缶350ml)を、2016年7月20日(水)より全国で新発売します。

 また、「ウィルキンソンRTD(※)」の2フレーバー<トニック+ウオッカ><ジンジャエール+ウオッカ>(各缶500ml、缶350ml)の中味・パッケージをリニューアルし、2016年7月上旬頃より順次切り替えて全国で発売します。

(※)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。

 『ウィルキンソンジントニック+レモンライム』は、『ウィルキンソン タンサン』を使用し、強めの炭酸と、『ウィルキンソン トニック』をイメージした爽快な味わいが楽しめるジンベースの缶RTDです。すっきりとした苦味と、爽やかなレモンライムの香りが特長です。

 「ウィルキンソンRTD」は、100年を超える伝統と信頼の「ウィルキンソン」ブランドを使用した、炭酸強めで甘すぎない、刺激的な味わいが楽しめるRTDブランドです。今回のリニューアルでは、「ウィルキンソンRTD」に“爽快感”を求めるお客様の期待にさらに応えるべく、甘さを抑え、後味のキレを高め、よりすっきりとした味わいを実現しました。

 パッケージデザインは、中央に「ウィルキンソン」のロゴと、各フレーバーカラーの帯をラベルのように配します。シルバー部分を多く採用することですっきりとしたデザインに仕上げ、氷の入ったグラスのイラストで、“爽快感”“炭酸強め・刺激強め”の商品特長を表現しました。また、新フレーバー<ジントニック+レモンライム>の缶体には、レモンとライムのアイコンを描き加え、味わいを分かりやすく訴求します。

 「ウィルキンソンRTD」は、2015年9月の発売以降、20〜40代のRTDユーザーを中心に、お客様に高く支持いただくブランドへと成長いたしました。「ウィルキンソンRTD」が訴求する“スタイリッシュ”“炭酸強め・刺激強め”などの特長が受け入れられ、2015年の販売数量は計画比1.5倍と好調に推移しました。

 アサヒビール(株)は、「ウィルキンソンRTD」ブランドの中味・パッケージリニューアルに加え、ラインアップを拡充することで、さらなる需要拡大を目指します。

【「ウィルキンソンRTD】

商品名 ウィルキンソン
ジントニック+レモンライム
ウィルキンソン
トニック+ウオッカ
ウィルキンソン
ジンジャエール+ウオッカ
内容 新商品 中味・パッケージリニューアル
品目 リキュール(発泡性)①
容量 缶500ml・缶350ml
アルコール分 5%
発売日 2016年7月20日(水) 2016年7月上旬頃より順次切り替え
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:191円(消費税抜き) 缶350ml:141円(消費税抜き)
商品情報 http://www.asahibeer.co.jp/products/sour/wilkinson_rtd/

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。