• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 企業情報 >  ニュースリリース 2015年 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2015年

2015年12月18日
アサヒビール株式会社

『アサヒ辛口焼酎ハイボールドライグレープフルーツ』新発売
「アサヒ辛口焼酎ハイボール」 中味・パッケージリニューアル
〜「アルコール度数9%」へ!より飲みごたえのある“辛口”登場〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、「アサヒ辛口焼酎ハイボール」の新フレーバー<ドライグレープフルーツ>(缶500ml・350ml)を、2016年1月26日(火)から全国で新発売します。
 また、基幹4フレーバー<プレーン><ドライクリア><ドライレモン><ドライシークァーサー>(缶500ml・350ml)の中味とパッケージをリニューアルし、同日より全国で発売します。

 『アサヒ辛口焼酎ハイボールドライグレープフルーツ』は、飲みごたえのある「アルコール度数9%」で「炭酸強め」、「糖質ゼロ(※1)・プリン体ゼロ(※2)」で仕上げた焼酎ベースのハイボールです。ほのかなグレープフルーツの香りと爽快なのどごしが特長で、甘くないキレのある味わいは、飲み飽きずに食事と一緒に楽しめます。

(※1)栄養表示基準による。以下同じ
(※2)プリン体0.0mg(100ml当たり)。以下同じ

 「アサヒ辛口焼酎ハイボール」は、アルコール度数高めのチューハイを好む40〜50代男性をターゲットとして、2014年5月に発売した缶チューハイブランドです。「アルコール度数8%」で「炭酸強め」に仕上げており、爽快なのどごしが楽しめます。
 今回のリニューアルでは、「アルコール度数8%」を「アルコール度数9%」へ高め、香味のバランスを調整することで、さらに際立つ「辛口」を実現しました。また、基幹フレーバー<レモン><シークァーサー>の2種は、<ドライレモン><ドライシークァーサー>へフレーバー名を変更します。

 パッケージデザインは、ベースカラーにゴールドを採用し、商品特長である「辛口」を大きく記載。缶体上部のアイコンに「アルコール度数9%」と「炭酸強め」という文字、缶体下部に「糖質ゼロ(※1)・プリン体ゼロ(※2)・甘味料ゼロ(※3)」という機能性特長を配し、分かりやすく訴求します。

(※3)「甘味料ゼロ」は<ドライクリア>のみの商品特長です

 アサヒビール(株)は、2016年も引き続き成長が見込まれる“高アルコール市場”において、「アサヒ辛口焼酎ハイボール」のブランド力向上を目指します。

【 「アサヒ辛口焼酎ハイボール」新商品概要 】

商品名 アサヒ辛口焼酎ハイボール ドライグレープフルーツ
内容 新発売
品目 スピリッツ(発泡性)①
容量 缶500ml・350ml
アルコール分 9%
果汁含有量 なし
発売日 2016年1月26日(火)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:191円(消費税抜き) 缶350ml:141円(消費税抜き)

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

【 「アサヒ辛口焼酎ハイボール」リニューアル商品概要 】

フレーバー名 ドライクリア ドライレモン プレーン ドライシークァーサー
内容 中味・パッケージのリニューアル
容量 スピリッツ(発泡性)①
アルコール分 缶500ml・350ml
果汁含有量 9%
発売日 2016年1月26日(火)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:191円(消費税抜き) 缶350ml:141円(消費税抜き)

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。