• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 企業情報 >  ニュースリリース 2015年 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2015年

2015年8月25日
アサヒビール株式会社

“刺激、強め。” 本格トニック・ジンジャエールテイストのお酒
「ウィルキンソンRTD※1」 9月29日(火)発売
〜炭酸水No.1※2「ウィルキンソン」ブランドから、スタイリッシュに登場〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、低アルコール飲料『ウィルキンソントニック+ウオッカ』、『ウィルキンソンジンジャエール+ウオッカ』(各 缶500ml、缶350ml)を、2015年9月29日(火)から全国で発売します。

 『ウィルキンソントニック+ウオッカ』は、強めの炭酸で、苦味と酸味の調和のとれた「ウィルキンソン トニック」の特長を生かした、すっきりとした味わいのウオッカベースの低アルコール飲料です。『ウィルキンソンジンジャエール+ウオッカ』は、「ウィルキンソン ジンジャエール」の特長を生かした、本格ジンジャエールの刺激と爽快さを実現したウオッカベースの低アルコール飲料です。
 パッケージデザインは、中央に「ウィルキンソン」のロゴを配し、各フレーバー名をロゴの下部に記載。「ウィルキンソン」ブランドであることを、分かりやすく訴求します。側面には、「WILKINSON」の透かしを入れ、シンプルでスタイリッシュなデザインに仕上げています。

 「ウィルキンソン」は、ブランド生誕から110年以上愛され続けているロングセラーブランドです。アサヒビール(株)は、炭酸水・ジンジャエールを主力とし、お客様から高くご支持いただいている「ウィルキンソン」より、低アルコール飲料の新商品を発売することで、20-40代の低アルコール飲料をご愛飲されるお客様を中心として、さらなる需要拡大を目指します。
 また、2015年上半期、低アルコール飲料市場は前年比108%※3で好調に推移しております。本商品発売により、低アルコール飲料市場を活性化させ、アサヒビール(株)の低アルコール飲料事業を盛り立てていきます。

※1 RTD:Ready to Drinkの略。缶チューハイや缶カクテルなど、そのまま楽しめる低アルコール飲料のことです。

※2 インテージSRI調べ 国産/輸入炭酸水市場2014年1月〜12月 金額シェア 集計エリア:全国、CVS/SM/DRUG計

※3 当社推計

【商品概要】

商品名 ウィルキンソントニック+ウオッカ ウィルキンソンジンジャエール+ウオッカ
品目 リキュール(発泡性)①
容量 缶500ml・350ml
アルコール分 5%
発売日 2015年9月29日(火)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:191円(消費税抜き) 缶350ml:141円(消費税抜き)
年間販売目標 40万箱(1箱=250ml×24本換算)

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。