• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 企業情報 >  ニュースリリース 2015年 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2015年

2015年7月30日
アサヒビール株式会社
ニッカウヰスキー株式会社

“日本のウイスキーの父”竹鶴政孝がつくりあげたロングセラーブランド
『スーパーニッカ』・『ハイニッカ』のパッケージをリニューアル

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、ニッカウヰスキー(株)の歴史あるロングセラーブランド『スーパーニッカ』(瓶700ml・50ml)、『スーパーニッカ&ウォーター』(瓶300ml・缶250ml)、『ハイニッカ』(瓶720ml)を2015年9月1日(火)からパッケージをリニューアルして全国で発売します。

 『スーパーニッカ』は、1962年に“日本のウイスキーの父”と称されるニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝が想い入れを持ってつくり上げたブランドです。発売の前年、政孝のウイスキーづくりを生涯にわたって支え続けた妻・リタが逝去し、その悲しみを乗り越えるため新しいウイスキーづくりに挑戦したことから誕生した、まさに亡き妻・リタに捧げる渾身のウイスキーです。
 今回のリニューアルでは、評価の高い味わいはそのままに、パッケージデザインを変更します。ラベルをベージュ色、ネックシールをエンジ色にすることで、「スーパーニッカ」ならではのマイルドな飲みやすさと、華やかな香りを表現しました。ラベルとネックのそれぞれに“ニッカエンブレム”をデザインし、歴史あるブランドであることを訴求しました。
 あわせて、「スーパーニッカ」をベースにした水割りウイスキー「スーパーニッカ&ウォーター」もパッケージデザインを変更します。

 『ハイニッカ』は、1964年に竹鶴政孝が“より多くの方に手頃な価格でおいしいウイスキーを飲んでもらいたい”という想いから、飲みやすい味わいと500円(当時)という買いやすい価格で発売された商品です。ウイスキーに慣れ親しんでいない人でもおいしいと感じられるソフトな味わいが特長で、竹鶴自身が晩年に愛飲し続けていたウイスキーでもありました。
 今回のリニューアルでは、評価の高い味わいはそのままに、ラベルの中央にニッカエンブレムとブランド名を大きく配し、赤帯をななめに入れることで伝統を感じながらもより洗練されたイメージを表現しました。

 ウイスキー市場が拡大し、お客様のウイスキーに対する興味や関心が高まっている中、歴史あるロングセラーブランドを時代にあわせてリニューアルし、今後も長くご愛飲いただけるブランドとしていきたいと考えています。

【「スーパーニッカ」商品概要】

商品名 スーパーニッカ スーパーニッカ&ウォーター
味わいの特長 華やかな香りと穏やかなピートの香り、ウッディで甘い樽熟成香と、カフェグレーンのブレンドによるスムースな口当たり、バランスの良いまろやかな味わいが特長です。 「スーパーニッカ」のおいしさをそのままに、芳醇な水割りウイスキーに仕上げました。甘くやわらかな香りが楽しめます。
品目 ウイスキー 水割りウイスキー
原材料 モルト、グレーン モルト、グレーン
容器・容量 瓶700ml・50ml 缶250ml 瓶300ml
アルコール分 43% 9% 12%
発売期間 2015年9月1日(火)
発売地域 全国
価格 オープン価格

【「ハイニッカ」商品概要】

商品名 ハイニッカ
味わいの特長 やわらかなモルト香とカフェグレーンの香ばしく軽やかな香りが調和。甘さとコク、ほのかなピート、しっかりと伸びのある味わいです。ほのかなビター感、すっきりとしたキレのよい後味が特長です。
品目 ウイスキー
原材料 モルト、グレーン
アルコール 39%
容器・容量 瓶700ml
発売期間 2015年9月1日(火)
発売地域 全国
価格 オープン価格
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。