• はい
  • いいえ

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2014年

2014年3月20日
アサヒビール株式会社

『クリアアサヒ』『クリアアサヒ プライムリッチ』
「絶対もらえる!キャンペーン」実施!
〜対象商品についている応募シールを集めると、もれなく景品がもらえる〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、『クリアアサヒ』および『クリアアサヒ プライムリッチ』の対象商品に貼付されているシールを集めるともれなく景品がもらえる、「絶対もらえる!キャンペーン」を本年4月から開始します。「クリアアサヒ」ブランドにおいてシールを集めてもれなく景品がもらえるキャンペーンを実施するのは、今回が初めてです。

 本キャンペーンは、『クリアアサヒ』(缶350ml、缶500ml、缶320mlスタイリッシュボトル)および『クリアアサヒプライムリッチ』(缶350ml、缶500ml)に貼付されているシールをハガキに貼って応募していただきます。シールの枚数に応じて、「本格2口クリーミーサーバー」(120枚)や「こだわりマイタンブラー」(96枚)、「限定 鮮度クリアアサヒ」(48枚)が必ずもらえます。

 キャンペーン期間中には専用のTVCMを予定しており、売場でも積極的にキャンペーンを訴求することにより、新ジャンル市場の活性化と「クリアアサヒ」ブランドの存在感アップを目指します。

「クリアアサヒ」ブランドは、本年1月中旬製造分より中味とパッケージをクオリティアップしました。原材料に使用している大麦の使用量を従来比で20%アップさせることにより、『クリアアサヒ』は“のみごたえ”を、『クリアアサヒ プライムリッチ』は“コク”をそれぞれ向上させ、お客様から高い評価をいただいています。本年1〜2月累計では、「クリアアサヒ」ブランド合計の販売数量は前年比114.9%の323万ケース※となりました。2014年も引き続き広告や売場作りを連動させたトータルマーケティングを強化し、「クリアアサヒ」ブランド合計で前年比104.2%の2,940万箱の販売を目指します。
 ※ 1箱は大びん633ml×20本換算。以下同様。

【キャンペーン概要】

対象商品

『クリアアサヒ』缶350ml、缶500ml、缶320mlスタイリッシュボトル
『クリアアサヒ プライムリッチ』缶350ml、缶500ml

概要

お買い上げの対象商品についているシールを集めて応募すると、
シールの枚数に応じて賞品をもれなくプレゼントします。
※シールの貼付されていない商品は、キャンペーン対象外となります。

応募宛先

〒119-0230 日本郵便株式会社 銀座郵便局留
クリアアサヒ「絶対もらえる!」キャンペーン事務局 係

賞品

・シール48枚:「限定 鮮度クリアアサヒ」(3本)
 普段は味わうことのできない、工場製造後3日以内に出荷する「限定鮮度クリアアサヒ」をお届けします。
・シール96枚:「こだわりマイタンブラー」(1個、容量:約375ml)
 素材と形状を選びカタカナで名前を入れられる、世界でひとつのこだわりマイタンブラー。素材は「ステンレス」と「ガラス」から、形状は「飲みごたえ派」タイプと「コク派」タイプの2つからお選び頂けます。
・シール120枚:「本格2口クリーミーサーバー」
市販の缶(350ml/500ml)をセットし、単三電池で簡単に動かすことができる仕様ながら、2口の注ぎ口から泡付けもできる本格的なサーバーです。
内部の回路に特殊な加工を施しており、クリーミーな泡を簡単に注ぐことができます。

応募期間

2014年4月18日(金)〜2014年6月16日(月) ※当日消印有効

賞品発送

応募ハガキ受付後、約3〜6週間でのお届けを予定しておりますが、ご応募が多数の場合は、賞品のお届けまでに6週間以上かかる場合がございますのでご了承ください。

応募資格

満20歳以上(未成年者不可)

対象商品販売エリア

全国

お問合せ先

クリアアサヒ「絶対もらえる!」キャンペーン事務局
フリーダイヤル:0120-278-785
※受付時間 午前8:00〜午後8:00

  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。