• はい
  • いいえ

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2013年

2013年10月15日
アサヒビール株式会社

第56回 アサヒビール環境文化講座
『まるごと自然暮らしのすすめ』
参加者募集

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、アサヒビール環境文化講座『まるごと自然暮らしのすすめ』を、講師に、タレントでNPO法人河口湖自然楽校 楽校長の清水国明氏を迎えて、いわて県民情報交流センター アイーナホール(岩手県盛岡市)にて、12月10日(火)に開催します。当講座の参加者、400名様を募集します。

 今回の講座は、「自然暮らし」をキーワードに、2003年より山梨県富士河口湖町に移住し、「自然暮らし」を実践している清水国明さんご自身の活動を交えながらお話いただきます。

 アサヒビール環境講座の2013年は、「自然と暮らし」をテーマに講演を実施しています。今回の講座『まるごと自然暮らしのすすめ』では、清水国明さんの活動内容とともに、異常気象や自然災害が珍しくなくなってきた私達の暮らしの中で、自然とどのように向き合い暮らしていくことが必要なのか、自然と共生を目指すこれからの暮らしのあり方について考える機会を作っていきます。


 アサヒビール環境文化講座は、受講者の皆様とともに環境問題を身近に考え、持続可能な社会作りを目指していくものです。平成14年10月からこれまでに55回の講座を開催し、延べ約9000名の方が参加し、今回の講座で56回目の開催となります。

【第56回 アサヒビール環境文化講座『まるごと自然暮らしのすすめ』概要】

タイトル 『まるごと自然暮らしのすすめ』
日時

12月10日(火)
18:00 開場
18:30 セミナー開始
20:30 セミナー終了 閉演

場所

いわて県民情報交流センター アイーナホール
(岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1)

参加費 無料(事前の申し込みが必要)
内容 「自然暮らし」をテーマに、これからの暮らしのあり方について考える。
講師

清水国明氏(タレント NPO法人河口湖自然楽校 楽校長)
1950年 10月15日福井県に生まれる。
1973年伝説のフォークソング・デュオ「あのねのね」 で芸能界デビュー。
テレビ、ラジオの司会やコメンテータ、さらに新聞雑誌への執筆など、幅広く活躍中。芸能界きっての自然環境派、スローライフ実践者としても知られ、自然体験や環境講演会なども多い。1995年アウトドアライフネットワーク「自然暮らしの会」を主宰。代表を務める。2004年自らが自然暮らしを実践する山梨県富士河口湖町にて「NPO法人河口湖自然楽校」を設立。2005年自然とのふれあいを通じて、都市生活で忘れてしまった人間本来の機能を目覚めさせ、心と体の健康を取り戻すこと、そして子どもたちの生きる力を育むことをテーマに、山梨県河口湖にアウトドアパーク「森と湖の楽園」を開園。
現在、NPO法人河口湖自然楽校を拠点に、「東日本大震災」の支援活動に積極的に関わっている。

定員 400名様(定員を超えた場合は抽選)
応募方法

住所、氏名、年齢、電話番号(連絡先)、希望人数(2名まで)を明記のうえ、
往復ハガキで応募。
Webサイトからの応募も可能。(以下Webサイトから「インターネットから応募」をクリック)。
(環境文化講座Webサイト: http://www.asahibeer.co.jp/eco_seminar/

応募先

〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒビール株式会社 社会環境部 
 環境文化講座(12/10) 係

応募締切 11月26日(火)到着分まで
発表 当選者には、当選ハガキの発送、もしくはEメールにてお知らせ。(11月29日頃予定)
主催 アサヒビール株式会社、公益社団法人日本環境教育フォーラム
  • バックナンバー
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。