本文へジャンプ

ここからグローバルナビゲーション

  • はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > CSR・環境活動 > 環境活動 > 容器・包装における環境配慮 

グローバルナビゲーション終わり

環境・社会貢献

ここから本文

容器包装などにおける環境配慮

容器包装における環境配慮の取り組み

アサヒビールは、容器の環境負荷低減の取り組みとして、容器の薄肉化・軽量化などを図っています。
これまでの取り組み実績は下表の通りです。
またビールのみならず、ワインではサントネージュワイン無添加ボトルでガラスびんの原料としてカレットを90%以上使用した「エコロジーボトル」を採用し、さらに軽量化しています(重量18%削減)。また軽量化にともなって、びん製造工程でのエネルギー消費量を削減でき、輸送積載効率が高まることで輸送にともなうCO2排出量も削減、従来びんと比較してトータルでCO2排出量を約195トン削減できます。

容器包装における環境配慮の取り組み実績(アサヒビール)

項目内容
スーパードライ350ml缶、ギフトセット内ビール類にグリーン電力を活用 2009年4月より全工場で製造する全ての『アサヒスーパードライ』缶350ml及びギフトセットの全てのビール類の製造に使用する購入電力相当量として、自然エネルギーである風力発電及びバイオマス発電によるグリーン電力を購入して活用しています。また、グリーン電力を使用して製造したスーパードライが2016年末で累計『100億本』を達成しました。 ビール系飲料の上蓋のアルミ使用量を従来比で9%減らす技術(206径スーパーエンド)
ギフトBOX
環境に配慮した「軽量6缶パック」の導入 ビール類全ブランドの6缶パックに環境に配慮した「軽量6缶パック」を採用しました。2018年上半期までに国内全工場で切替え完了の予定です。現行の6缶パックでは、パックの四隅上下、計8か所で缶を板紙によって押さえて固定する仕様から、6缶全ての缶底部を1本毎に保持できる板紙の形状に変更することにより、缶の安定性確保と6缶パック板紙の面積縮小を実現しました。当社従来品比で約10%(約4g)の紙使用量を削減し、年間の紙使用量削減量は約965t、CO2排出量は年間約1,342tの削減できます。 またユニバーサルデザインの一環として、従来の6缶パックの天面の開封ジッパーは右からのみの仕様を、業界初の両方向から開封可能な仕様に変更しています。 環境に配慮した「軽量6缶パック」
缶蓋安定供給のため、204径を導入 2013年より、ビール系飲料の上蓋を他社と共通化することで、災害時などの不測の事態にも安定供給できるように204径と呼ばれる規格に切り替えています。 缶蓋安定供給のため、204径を導入
缶およびマルチパックの省資源化 2006年、缶のケイ素含有量が高いリサイクル原料の使用比率を向上させました。また、缶の肉厚分布を見直すことにより、缶の強度を高め、従来以上の薄肉化を実現。さらに、マルチパックの坪量(1m2あたりの重量)を従来より4%程度下げるなど省資源化を進めました。 缶およびマルチパックの省資源化
加圧殺菌方式を用いた製法によるアルミ使用量削減(サプライヤーとの共同開発) 東洋製罐(株)と共同で「加圧殺菌方式を用いた高ガスボリューム缶製品の製造方法」を開発しました。この製造方法は、炭酸飲料を容器に充填した後に殺菌する際、容器に外圧をかけることで差圧上昇を抑える技術を用いています。この技術によって缶内の差圧が相対的に下がり、ワンランク下の耐圧強度の缶体の使用が可能となりました。その結果、従来に比べてアルミの使用量が18%削減となりました。 加圧殺菌方式を用いた高ガスボリューム缶製品の製造方法
アルミ使用量を削減する独自形状の缶体開発(サプライヤーとの共同開発) 昭和アルミニウム缶(株)と共同で、アルミ使用量を従来よりも削減できる独自の形状の缶体を開発しました。この缶は、缶蓋周縁部を内側に寝かせた独自形状で、缶蓋の表面積を約6%減少、板厚を0.01mm薄肉化することで、アルミの使用量が約9%(1枚当たり約0.3g)削減となりました。 アルミ使用量を削減する独自形状の缶体開発
ビール中びんの品質向上と環境負荷低減(ビール系3社共通の軽量化の取組) 容器品質向上と環境負荷低減を目的として、3社共通の「擦り傷対策びん」(中びん500ml)を2014年10月から導入しました。製造時や配送時に側面やラベルに擦り傷が発生する課題から、びんの胴部を0.2mm〜0.3mm程度凹ませることで、擦り傷の発生面積を抑制、ラベルを保護し、容器品質の向上につながりました。1本あたり10gの軽量化となり、今後すべて「擦り傷対策びん」に切り替わった場合は、びんの製造時および配送時のCO2排出量を年間約175トンの削減につながりました。(3社合計)この企業を超えた取組みが「第12回ガラスびんアワード環境優秀賞」を受賞しました。 ビール中びんの品質向上と環境負荷低減
お客様の利便性を追求した「軽量・波型カットカートン」軽量化段ボールカートン(サプライヤーとの共同開発) 2013年よりビール系飲料350mlマルチパック用缶の梱包で従来比約17%軽量化した段ボールカートンの導入をしています。 大手段ボールメーカー  レンゴー(株)との共同開発により誕生した業界初となる「軽量・波型カットカートン」は、段ボールの表面に使う原料や配合比率を改良することで、従来205グラムだった1カートンあたりの重量を170グラムまで抑えて、紙使用量の削減につながりました。これにより年間で段ボール重量は約3,000トン、CO2排出量1,480トンの削減につながりました。 軽量・波型カットカートン イメージ その1
軽量・波型カットカートン イメージ その2
エコロジー&軽量ワインボトルを採用 石塚硝子(株)と共同で、ガラスびんの原料としてカレットを90%以上使用した「エコロジーボトル」を採用し、さらに軽量化しています(重量18%削減)。ワイン瓶(容量:720ml)の高さは変えずに重量を従来品比で約18%低減(エコロジーボトル=eマークを裏ラベルに記載;ECOCERT Japan Ltd.の認定を受けています) サントネージュワイン

アサヒビールは、従来のガイドラインを遵守しつつ、2012年より「環境配慮商品ガイドライン・チェックポイント」を策定しています。 商品開発・設計等に際し、チェックポイントを常に意識しながら、環境負荷低減に努めるようにしています。

商品・販促品における環境負荷低減のための環境ガイドライン

詳細を見る

2000年7月1日

1. 目的

「商品・販促品の環境負荷低減のための環境ガイドライン」を遵守することにより、環境保全に配慮した商品開発及び営業活動における廃棄物の削減及びリサイクルの推進に取り組み、アサヒグループの環境保全活動の推進に寄与することを目的とする。

2. 基本方針

2.1: グリーン調達

商品における容器包装及び販促品の製作・採用にあたってはグリーン調達に配慮する。
それは、エコマーク・エコラベル認定品の積極的な採用及び使用後のリサイクルに配慮した素材の採用を含む。

2.2: 商品開発

商品の開発に際しては、その容器及び包装形態において環境に配慮する。

2.2.1: 容器

商品容器の素材については、軽量化、単一素材化、リサイクル可能な素材の導入をはかり、省資源・省エネルギー・リサイクルの推進に努める。

2.2.2: 容器包装

容器包装は簡素化をはかり、廃棄物発生量の削減に努める。

2.3: 販促品

販促品の製作、採用、使用にあたっては環境負荷の低減に努める。

2.3.1: 販促品の素材

販促品の製作・採用にあたっては、その素材について不適正素材の全面的使用禁止及びグリーン調達に努める。
また、複合素材及び不燃性素材の使用により、リサイクル(再商品化)の妨げとならないよう配慮する。

2.3.2: 梱包形態の見直し

販促品の梱包については、その梱包用素材及び梱包形態において廃棄物の削減に配慮する。
それは、梱包用素材のグリーン調達及び個装による過剰包装の見直しを含む。

2.3.3: 製作量、在庫の適正化

販促品の製作、使用にあたっては、適正量製作、適正在庫、アイテムの見直しをおこない、不使用による廃棄物が発生しないよう努める。

2.3.4: 廃棄物処理

販促品の廃棄物を処理するにあたっては、分別排出および再資源化に努める。

3. リサイクルの推進

リターナブルびん、空容器樽の回収等、容器リサイクルについては、関係先・お得意先への啓発活動を積極的におこなう。

業界団体との連携(アサヒビール)

アサヒビールは、容器包装のリデュース・リユース・リサイクルといった業界共通の課題や要請に応えるために、ビール酒造組合、全国清涼飲料工業会を中心に、ガラスびん3R促進協議会、アルミ缶リサイクル協会、PETボトルリサイクル推進協議会、食品容器環境美化協会などの各種業界団体との円滑なコミュニケーションに努めています。2006年4月から加入した業界団体を含む「容器包装に係るリサイクル8団体」ごとに、数値目標・取り組み目標を設定しています。現在2020年までを目標期間とした「事業者による3R推進に向けた第三次自主行動計画」を策定し、容器包装のリデュース・リユース・リサイクルの3R推進を展開しています。また、関係8団体では、消費者への普及・啓発や各種調査・研究事業などの共通テーマに共同で取り組む「3R推進団体連絡会」を結成しました。連絡会では、相互連携を図りつつ、自主行動計画のフォローアップなどを行っていきます。

関連サイト  容器包装に係るリサイクル8団体

その他の関連団体リンク

本文終わり

ページトップへ


ここからフッター

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

フッター終わり