*Firefox 87.0をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

環境

持続可能な資源利用

限りある資源を大切にしながら 新たな価値づくりに取り組みます

アサヒビールは農作物や水など自然の恵みを使っているため、限りある資源の適切な使用が不可欠だと
考えています。容器・包装では、品質や強度を担保した上で、軽量化や新価値の提案に努めています。

持続可能な資源利用のトピックスTopics

「アサヒの森」を保全して水資源を守る

トピックス 1

「アサヒの森」を保全して水資源を守る

ビールの製造には大量の水が必要となります。そこで国内ビール工場で使用する水の量と森林による水の涵養量(森が水を育み蓄える量)を同等とする「ウォーターニュートラル」の取り組みを進めています。広島県にアサヒグループが管理する森林「アサヒの森」の森林保全により、水を育み蓄える力を育て、2025年までに使用する水の100%還元を目指しています。

水資源を繰り返し使用して節水

トピックス 2

水資源を繰り返し使用して節水

工場のタンク・配管などを洗浄・殺菌する水の使用量削減や、工程からの回収水・膜処理水の有効利用に取り組むことで、水の使用効率を高め、水使用量の削減を進めています。

従業員の手で水源地を守る

トピックス 3

従業員の手で水源地を守る

「自分たちで使う水は自分たちで保全する」という考えのもと、四国工場の従業員が2004年から自発的に「水源地の森保全活動」を始めました。この活動は、水源の保全に向けて植林・下草刈り・枝打ち・間伐などを行うものです。この取り組みを皮切りに全国へと活動が拡大し、現在では、グループであるニッカウヰスキー北海道工場・余市蒸溜所近くの「ニッカの森」でも環境保全活動に取り組んでいます。

工場での再資源化100%の継続

トピックス 4

工場での再資源化100%の継続

アサヒビールとニッカウヰスキーの全工場では、副産物・廃棄物再資源化100%を達成しています。仕込み工程で発生する麦芽の殻皮「モルトフィード」は、発生した副産物・廃棄物の内訳のうち約80%を占め、家畜の飼料などとして再利用されています。また、汚泥は有機肥料やたい肥、アルミ屑はアルミ缶や電気製品などに生まれ変わり、再び利用されています。さらに、ビールの醸造後に副産物として残るビール酵母はアサヒグループ食品が製造する胃腸・栄養補給薬「エビオス錠」などの原材料として活用されています。

紙容器包装をFSC認証に切り替え

トピックス 5

紙容器包装をFSC®認証に切り替え

アサヒビールは自社で調達する紙製容器包装のうち、段ボールカートン、
6缶パックシート、ギフト箱、紙パックなどについて、2021年末までにFSC®認証紙へ切り替えることを目指しています。

軽量化で省資源・CO2削減を実現

トピックス 6

軽量化で省資源・CO2削減を実現

アサヒビールはアルミ缶やPETボトル、紙などの資材において、独自の技術やサプライヤーと協力をしながら、軽量化の取り組みを進めています。使用する原料の資材を削減することで、限りある資源を大切にし、CO2排出量の削減にもつなげています。

安定供給のために資材を統一

トピックス 7

安定供給のために資材を統一

アサヒビールは資材の安定調達に努めています。災害時などの不測の事態にも安定供給を維持するため、2013年からビール系飲料の上蓋を他のビール会社と共通化し、リスクに備えています。2018年からはRTDでもこの缶蓋を採用しています。缶蓋直径を従来と比較して3mm縮小することで、アルミの使用量を削減しています。

エコアクションを促す新たな容器の開発

トピックス 8

エコアクションを促す新たな容器の開発

海洋プラスチック問題や使い捨てプラスチック問題への関心がさらに高まる中、アサヒビールは飲料容器の知見を生かして、パナソニック(株)と共同開発したエコカップ「森のタンブラー」や、(株)丸繁製菓と共同開発した食べられる容器「もぐカップ」を開発し、楽しみながらプラスチック削減に取り組めるよう新たな価値の創出に取り組んでいます。

ビール会社として森を育む

トピックス 9

ビール会社として森を育む

アサヒビールは広島県庄原市と三次市に「アサヒの森」を持っています。
その起源は、1941年の第二次世界大戦中にさかのぼります。戦時中、ビールびんの王冠の裏に使用するコルクの輸入が途絶えた時の代用品として、アベマキの樹皮を確保するために森林を購入したのが始まりです。現在は、水源確保や生物多様性保持の役割を担っています。アサヒグループは「アサヒの森」を守ることで、地球環境保全に貢献していきます。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。