*Firefox 87.0をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

最高の明日をつくるために。アサヒビールのサステナビリティ

これから先、ずっとずっと未来まで
乾杯から生まれる笑顔や喜びをわかちあえるように
アサヒビールは、約束します。
飲む人はもちろん、飲まない人や飲めない人も楽しめる、
健全な酒類文化を育んでいくこと。
自然の恵みに感謝し、限りある資源を大切にするとともに、
新たな環境価値の創造に挑戦していくこと。
同じ社会の中で暮らす人々と調和し、
アサヒビールと関わるすべての人が幸せだと思える瞬間を重ねていくこと。
「最高の明日」を迎えられるよう、
この想いをカタチにしていきます。

トップメッセージTop Message

代表取締役社長 塩澤 賢一代表取締役社長 塩澤 賢一

アサヒビールの強みや技術を生かして
最高の明日をつくります。

豊かな社会の実現に向けて、現在、アサヒビールは5つの重要課題「責任ある飲酒」「環境」「食の安全・安心」「コミュニティ」「人」を選出し、“最高の明日をつくるための5つのアクション”として取り組みを進めています。
トップメッセージ

アサヒビールとSDGs

「SDGs(Sustainable Development Goals)」とは、
2015年に国連サミットで採択された世界的な取り組みで、
2030年までに「持続可能な社会」の達成を目指す国際目標です。

わたしたちアサヒビールは、より豊かな社会の実現に向け、
「責任ある飲酒」「環境」「食の安全・安心」「コミュニティ」「人」
の5つのアクションを通して、SDGsの達成を後押ししていきます。

国際連合広報センターWebサイトより

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。