トップページに戻る

広島県における活動広島県における活動

広島県が関係機関と連携し推進している、恵み豊かで、美しい広島湾を保全し、その海の歴史・環境を次世代へつなげていく取り組みに賛同し、広島県内で販売した「アサヒスーパードライ」対象商品※1本につき1円、合計622万5,269円を、「NPO法人 瀬戸内里海振興会」に寄付し、宮島における海の学習活動、アオサのリサイクルプロジェクトにお役立ていただきます。

※平成21年3月下旬から平成21年4月下旬に製造した「アサヒスーパードライ」缶500ml・缶350ml

平成21年6月30日

寄付金贈呈式を実施いたしました。

寄付金額:
622万5,269円

写真左:町美恵子 広島県環境県民局環境部長
   中:平本元 瀬戸内里海振興会理事長
   右:渋谷博久 アサヒビール中国統括支社長
   (広島県庁にて)

全国47都道府県ごとの自然や環境等の保護・保全活動に、期間中に製造したスーパードライ対象商品*1本につき1円が活用されます。みなさまと共に、「うまい!を明日へ!」プロジェクトはじめます。*平成21年3月下旬から4月下旬に製造した「アサヒスーパードライ」缶500ml・缶350ml
アサヒスーパードライスペシャルサイトはこちら