Smart Style:石井織絵(いしい おりえ)Smart Style:石井織絵(いしい おりえ)
HONEY×アサヒスタイルフリー〈生〉HONEY×アサヒスタイルフリー〈生〉

石井織絵Orie Ishii

Vol.3

石井織絵さんが「万華鏡アーティスト」を志し始めたのは約1年10か月前のこと。6〜7年修行してもなれるかどうか、と言われているなか、最短で作家として認められ、先日世界大会の出場も果たした。ユニークな作風も相まって、エキセントリックな新人アーティストとして注目を集めている。


海、山、川が揃う自然豊かな横須賀市・秋谷にアトリエを構え、近所に住む仲間のアーティストたちとお互いにインスパイアし合いながら制作活動をする。都会では忘れがちな「自然と共に生きる」を実践し、作品を通して植物の美しさ、地球に生きることの素晴らしさを教えてくれる。自然との共存こそ、一番スマートなライフスタイルかもしれない。

織絵さんが住む秋谷はどんな町なのでしょうか?

秋谷にはアーティストのコミュニティがしっかり根付いています。年齢もジャンルも超えて一緒に過ごせる人がたくさんいるんです。自由人が多く多様性に富んだ場所だから、私も秋谷に来てから自分らしくいられるようになりました。そして自然がとっても豊か。前に住んでいた家は、目の前に海が広がった本当に素晴らしい環境で。そこで潮の満ち引きを感じ、毎日サンセットを見て、万華鏡のきらめく世界にも出会えました。地球の動きをダイレクトに感じられたのは私にとってものすごいインスピレーションだった。それまでは単純に自然が好きなだけだったけど、自然がより“自分の軸”となっていきました。

秋谷の「お酒を飲むと気持ちいいスポット」は?

前に住んでいた家の横にある、オーシャンビュースポット。今もたまに行きますよ。パンとコーヒーを持って行ったり、友人同士でお酒を持って集合したり。朝日が昇ったらサンセットまで太陽が隠れない、抜群のロケーションなんです。昔、夜光虫がその湾にたまったことがあって。まずは1人でお酒を飲みながら静かに眺めて十分堪能した後、みんなを呼んで宴会、なんてこともあったな。

地球からの恵みをどのように生活の中で活かし、取り入れていますか?

常に自分の周りにたくさん植物を置くようにしています。今は香りの出る植物にハマっていて、ジャスミン、ハニーサックル、藤、梅、キンモクセイ、ギンモクセイ、ガーデニア、月下美人などをガーデンに植えています。季節が変わるたび花の香りで感動するので、制作している間に漂ってくるように、と思って。春夏秋冬どの植物が香るかを調べて、風向きまで把握して配置しています。その前は「食べられるジャングル」と名付けて食べられる植物ばかりを植えていて、その前はバラをひたすら飾っていたし、その前には綺麗な小花ばっかり。時々でマイブームがあるんです。

自然の中にいる時、どんな気分になりますか?

この豊かさがあれば何もいらないな、と思っちゃいます。一番それを強く実感したのは、ハワイ島の何千坪もの土地の中でパーマカルチャーをやりながら暮らしていた時。広い芝生の上にぽつんと座って、土の温もりが感じられて、虫がいて、見上げれば果物があって、青い空があって。自分はデニムとセレクトショップで1ドルで買ったボロボロの上着だけしか着てなかったのに、満ち足りてる、こんな幸せなことない、豊かだって感じたんです。自分も自然の一部。気取らず、循環の中に入れているんだって思った。自然の中にいるとエゴもなくなり、心地良い感覚になります。

織絵さんの夢を教えてください。

山を1つ買って、中央に大きな広場を作って、アーティストが点在しながら住める場所を作ることです。山の周りを果樹が囲み、ふもとにはお花畑。そこで万華鏡を作ることができたら最高ですね。これは何年も前から変わらないビジョンだから、いつか叶うと信じています。

今回アサヒスタイルフリーを飲んでみていかがでしたか?

私のお酒選びは「ご飯に合う」というのがマスト。甘いお酒や、味がありすぎるお酒が苦手で、キリッとして食事を邪魔しないお酒が好きなんです。だからスタイルフリーはぴったりでした。飲みながら思っていたんですが、糖質をゼロにするのって、こだわりを持って、その業界の技術を最高レベルまで高めないと実現しなんじゃないかなって。だからスタイルフリーは、背景に様々な人のアイディアがつまったクリエイティブの極みでもありますよね。

アサヒスタイルフリー〈生〉

「アサヒ スタイルフリー〈生〉」は、すっきり爽快な飲みやすさとしっかりした麦の味わいが特長です。糖質ゼロはそのままに、大麦のさらなる増量を実現し、飲みごたえをより一層高めました。糖質の気になる方にも嬉しい商品です。

※食品表示基準による

石井織絵(いしい おりえ)さん

いしい おりえ

石井織絵さん

自然栽培野菜のレストランでパティシエ、講師として10年勤めた後、ハワイ島ジンジャーヒルファームにてパーマカルチャー、マクロビオティック、ローフード、ヨガ、フラなどを学び、自然と調和したお菓子作りを広く伝えるため独立。一見つながりがないものを独自の世界観で融合させることを得意とし、食×植物×アートをテーマに様々な分野で活動する。最近では万華鏡アーティストとしても活躍している。自宅兼アトリエはゆったりとした空気が流れる神奈川県横須賀市の秋谷。

Follow us! Instagram

Instagramでも「アサヒ スタイルフリー〈生〉×HONEY」のスペシャルコンテンツを公開中!
@stylefree_honeymag」で検索してフォロー。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。