• ENTRYENTRY
  • MENUMENU

仕事を知る

マーケティング部 渡邊航太郎 マーケティング部 渡邊航太郎
社員紹介
固定観念をくつがえして、
お客さまに喜んでいただけるブランドをつくろう
渡邊航太郎
2007年入社 マーケティング本部
マーケティング第一部

マーケティング部のお仕事

新商品の開発や、既存商品のブランディング戦略が主な業務。市場調査や分析を実施し、それをもとに、新たな商品コンセプトを提案したり、ブランドの成長を担っています。各部署の関係者と連携を取っていくため、リーダーシップが必要となる職種です。

大切なのはお客さまの声。
それを信じれば、どんな決断もできる。
私がずっと担当してきた商品「アサヒ オフ」。ある時、そのスペック変更に踏み切りました。これまではプリン体や糖質を“抑えた”商品としていましたが、プリン体“ゼロ”、糖質“ゼロ”を明確に打ち出すことに決めたんです。

「アサヒ オフ」というブランドが大好きだからこそ、この判断は“怖かった”のが本音。プリン体や糖質をゼロまでカットすれば、味が落ちるリスクもありましたから、飲むのをやめてしまうお客さまも出てくるかもしれない。でも、いろいろな調査をすると、お客さまの健康意識が高まっているのは明らかだったんです。一番大切なのは、お客さまの声。それを信じて、このリニューアルを進めました。
マーケティング部 渡邊航太郎
ブランドを背負うのが私たちの仕事。
決して妥協は許されない。
仕様変更の検討を進める段階では、関係者たちと衝突したこともあります。私も以前、研究開発に従事していましたから、技術的なハードルや味の落ちるリスクを懸念する気持ちはわかるんです。でも、マーケティングはアサヒビールのブランドを背負っている部署。大好きなブランドだからこそ、もっともっと大きく育てたいという想いで議論を重ね、“ゼロ”と“美味しさ”の両立にたどり着くことができました。

「アサヒ オフ」のリニューアルは成功し、本当に心に残る仕事になりました。発売当時は売り上げチェックはもちろん、お客さまの声が知りたくてSNSで何度も「アサヒ オフ」と検索していました(笑)。自分の考えた新商品やリニューアルがお客さまの喜びになったとき、それを実感できたとき、心から元気をもらえますし、それがモチベーションになっています。
マーケティング部 渡邊航太郎
ブランドとともに若手も育てたい。
それが私の使命。
マーケティングは、自分のアイデアをいろんな部署に伝え、みんなでブランドを育てていく役割。今までにないものをつくろうとすることだってあります。“無謀だ”と言われることも少なくありません。でも私たちの仕事は、そういった先入観を崩すこと。固定観念にとらわれてはいけないんです。

だからこそ、若い人の力が必要。若い人は固定観念がなく、柔軟な発想ができるはず。まさに「先入観を崩せる存在」です。私も先輩たちに育ててもらって今があります。これからは、ブランドとともに、若い力も育てていきたいと思っています。

※所属部署は取材当時のものになります。
マーケティング部 渡邊航太郎
お酒にまつわる情報については、20歳未満の方への共有(シェア)はご遠慮ください。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。