• ENTRYENTRY
  • MENUMENU

インターンシップ

2017 春のお仕事体験3DAYSレポート(事務系)

  • 「アサヒスーパードライ」がトップシェアを維持・拡大しているのは、最強の営業部隊の活動があるから。では、アサヒビールの営業とは何なのでしょうか。
    今回は、第一線で働くアサヒビールの営業担当との飲食店視察や、飲食店の方へのヒアリングを通して課題を把握し、実際にオリジナルドリンクを開発して、飲食店の店長さまにご提案。お店と一緒になって課題解決に奮闘する、営業の舞台裏を体感していただきました。

  • 春のお仕事体験3DAYS 実施概要
    期間 2017年2月14日(火)〜16日(木)
    会場 アサヒビール本社(東京都墨田区)
    参加人数 46名
step1

営業の仕事レクチャー

まずは外食産業の仕組みや、仕事内容をレクチャー。
営業とはモノを売るだけではなく、課題を解決すること、と学びました。

自分がイメージしていた営業職の認識が、
どれほど一致していて、どれほど一致していないか
確認でき、勉強になりました。
営業職は「とりあえず自社の商品を売り込む」
というイメージでしたが、「人間関係の構築や、
お店のメリットを考えたwin-winの関係をつくる
イメージ」に変わりました。
ただ商品を売っているのではなく、熱意をもって
顧客ひとりひとりのニーズに合わせた取り組みを
していることを知り、アサヒビールがトップシェア
を維持していることは必然であるように感じました。

営業の仕事レクチャー

step2

飲食店の視察体験・課題調査

第一線で活躍するアサヒビールの営業担当に同行してもらって実際の飲食店を「視察」。
さらに、店長さまにもヒアリングし、お店の課題を探ります。

お取引先様とただ営業をするだけでなく、視察や
分析を通して、さまざまな角度からアプローチを
かけておられ、思っていた営業職のイメージが
変わりました。実際に足を運び、店長さまにも直接
ヒアリングすることで生の声を聞くことができ、
本当に仕事をしているような体験ができた。
ただ商品を売るだけでなく、対話を通じてお客さまの
課題を把握し解決していくコンサルに近い仕事内容だと
感じました。WEBなどではわからない、実際に現場に
入ることで知りうる情報がたくさんありました。
お客さまがどうしたら満足して喜んでくれるか、と
いうことだけを考えるのではなく、根拠となるデータ
や理由、トレンド、利益など多くのことを考えて
お客さまに提案しなければならないと学びました。
普段なら気に留めないようなことにも気を配ることが、
課題を探す鍵だと思いました。
第一線で活躍する営業メンバーは、ピリピリとした
雰囲気を醸し出していると予想していましたが、
全員人あたりがよくて温かく、ユーモアもあり、
気配り心配りが想像をはるかに超えていて、心底
惚れ込んでしまいました。

飲食店の視察体験・課題調査

step3

グループワーク/
オリジナルドリンク試作

探り出した飲食店の課題を、グループごとにディスカッション。
課題を解決するために飲食店に提案するオリジナルドリンクを開発します。

全国から参加している大学や学部の違う学生とともに
考えられたことで大きな刺激を得ることができました。
グループ内で意見がぶつかったときに、どう折り合い
をつけるか悩み、人間的に成長できたと思います。
営業職の考え方、アイデアを提案するに至る
根拠設定やゴールの決め方、グループワークの
コツなど、得るものがたくさんありました。
相手の立場に立って考えることの大切さを学びました。
今までは机上の空論でこうした方がいいと評論するだけ
になりがちでしたが、今回は視察やドリンクの試作まで
実行することが求められて非常に勉強になりました。
社員さんからの的確なフィードバックを受けることが
でき、とても助かりました。フィードバックには必ず
理由を付けて答えていただいた点でも、学生のことを
しっかり考えて本気で接してくださっていることを
感じました。

グループワーク/オリジナルドリンク試作

step4

飲食店の店長さまへ
プレゼンテーション

実際に店長さまにお越しいただき、
売上アップのための企画書をご提案。
開発したオリジナルドリンクを発表し、
試飲していただきました。

実際のデータからターゲットをしぼりこむことが
難しいと感じました。性別、年齢、時間帯という
データからドリンクを生み出していきましたが、
優秀作品のプレゼンを聞き、視点が違えば結果が大きく
異なることを実感し、マーケティングの重要性、
奥深さ、難しさを感じました。
具体的に店長さまに提案する機会があり、学生では
体験できない、アサヒビールさんだからこそ
体験できる内容だと思いましたし、すべての
プログラムが楽しかったです。
ドリンクの新商品ひとつを開発するにしても、
お店の状況やトレンド、利益率などさまざまな視点を
もって課題に取り組まなければならないということが
わかりました。

飲食店の店長さまへプレゼンテーション

参加した皆さんの感想(一部抜粋)

  • 多角的な視点からものごとを見つめることで
    ただ美味しい以上のものを提供できると知った
    多角的な視点からものごとを見つめる
    ことで ただ美味しい以上のものを
    提供できると知った
    3日間を通して、お客様側のニーズをどのような観点から汲み取るかの大切さを学びました。またコミュニケーション能力の大切さも感じました。ただ美味しいものを提供するだけでなく、多角的な視点でものごとをみつめることでそれ以上の商品を提供できることに気づきました。
  • 提案にあたっては
    多角的な視野が必要だと学んだ
    提案にあたっては
    多角的な視野が必要だと学んだ
    視察→課題発見→解決のためのドリンク提案というプロセスを体験しつつ、最後は「論理的かつ独自性があり、プレゼンテーションに工夫を凝らしながら実現可能性のあるドリンクを提案する」ということで、企画書と試作品を立案しましたが、すべて網羅させるには非常に難しいものでした。営業には多角的視野が必要なんだということを学ぶことができました。
  • あこがれつつも不安のあった営業職を
    具体的にイメージできた
    あこがれつつも不安のあった営業職を
    具体的にイメージできた
    営業に対するイメージが大きく変わりました。営業はあこがれの職種ではありましたが、正直なところ、辛いイメージが先行し、不安が大きかったが、営業として結果を残すためのステップを丁寧に教えていただき、具体的にイメージできたし、想像以上のやりがいを感じ、「楽しい」「やりがい」などポジティブなイメージへと変わっていきました。
  • 営業の難しさとやりがいを感じた。

    営業の難しさとやりがいを感じた。

    幅広い選択肢やターゲットの中から最も顧客ニーズに合致する最適解を導き出していくという作業は、明確な答えが無いだけにとても難しかったが、この就業体験を通して、営業のやりがいを感じることができた。
  • 自社だけでなく
    お客さまの利益を重視していると知った
    自社だけでなく
    お客さまの利益を重視していると知った
    お店の課題をみつけ解決に導く難しさを感じた。自社商品を売るだけでなく、お客さまの利益を重視しており、互いの利益となることを大切にしていることを知りました。
  • 明るく楽しく
    良い社風が構築されていると感じた
    明るく楽しく
    良い社風が構築されていると感じた
    皆さんとにかく優しくて、明るくて、社会人として生き生きと働いているのを見て、とても良い社風が構築されているのと感じました。
  • アサヒビールの方に活気があり
    団結力を感じた
    アサヒビールの方に活気があり
    団結力を感じた
    アサヒビールの方に活気があり、生き生きとしていた。明るくパワーがあり、団結力を感じた。そのパワーの源には、「向上したい」や「仕事に対してのやりがい」があると知ることができた。
  • 仕事に対して真剣。
    オンとオフのメリハリがあった。
    仕事に対して真剣。
    オンとオフのメリハリがあった。
    オンとオフがすごくはっきりしていて、前に立って話す社員や視察でご一緒してくださった社員さんも、楽しむところと締めるところをわきまえていて素晴らしいと思いました。純粋にこの人たちと働きたいと思いました。
  • 社会人としてなりたい未来像が見えてきた。

    社会人として
    なりたい未来像が見えてきた。
    こんなに接しやすく、会社への愛情が深い社員の方々と会えて幸せでした。アサヒビールの社員様が私のなりたい未来像だとすら思えました。
  • アサヒビールは良い「会社」というよりは、
    最高の「チーム」だと感じた。
    アサヒビールは良い「会社」というよりは、
    最高の「チーム」だと感じた。
    社員の人がものすごく良くて、良い会社というよりは、最高の「チーム」なんだと感じました。また、自分たちの商品を愛し、自社が好きだという思いがこの3日間を通して存分に伝わってきました。ここで働けばまず間違いなく楽しいだろうな、と思いました。
  • ダントツNo.1のお仕事体験でした。

    ダントツNo.1のお仕事体験でした。

    最高でした!数多く参加したインターンの中でもダントツでした!!
お酒にまつわる情報については、20歳未満の方への共有(シェア)はご遠慮ください。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。