ニッカウヰスキー さつま司蒸溜蔵 since1936ニッカウヰスキー さつま司蒸溜蔵 since1936

伝統の蔵に、革新が宿る。伝統の蔵に、革新が宿る。

ニッカウヰスキーの蒸溜蔵から。

1936年、 姶伊 あいい 酒造として創業以来、
品質にこだわった焼酎を
つくり続けてまいりました。
現在では「ニッカウヰスキーさつま司蒸溜蔵」として、
伝統を受け継ぎながら、
洋酒づくりで培った先進の技術や
ブレンド技術などを焼酎づくりにも活かすことで、
焼酎の新たな可能性を追求しています。
すべては、もっとおいしい焼酎を皆さまのもとへ
お届けするために。
ずっと変わらぬ私たちの想いです。

鹿児島県姶良市 ニッカウヰスキー さつま司蒸溜蔵

焼酎づくりにかける想い焼酎づくりにかける想い

おいしくなるようにと、1本1本心を込めて。おいしくなるようにと、1本1本心を込めて。

「おいしい焼酎をつくりたい」。

そんな一途な想いで、
ニッカウヰスキーさつま司蒸溜蔵では、
日々焼酎づくりに取り組んでいます。
最新の機械を導入し焼酎づくりを行っていますが、
頼りになるのはやはり人の五感。
熟練の技術者が、出荷の瞬間まで
気を抜くことなく目を光らせています。
ニッカウヰスキーが洋酒づくりで培ってきた
技術を焼酎づくりにも活かしながら、
よりおいしい焼酎をお客さまのもとへ
お届けできるよう
これからも努力を重ねてまいります。

  • 地元、鹿児島県産のさつまいも。

    使用するさつまいもは、すべて地元鹿児島県産です。「黄金千貫」を中心に収穫されたさつまいもを厳選し、さらに人の手で1本1本ていねいに雑味の原因となる部分や、不要な部分を削り取っていきます。手間をかけることを惜しまずに、おいしい焼酎づくりにこだわっています。

  • 樽熟成で、味わいはさらに深くなる。

    ニッカウヰスキーの樽熟成技術を活かして、一部の焼酎では樽熟成を行っています。焼酎原酒を樽でじっくり寝かせることで、より深い味わいへと変化していきます。このようにニッカウヰスキーが持つさまざまな技を活かした焼酎づくりも、蒸溜蔵の特長のひとつです。

さつま司の歩みさつま司の歩み

鹿児島県姶良市加治木町諏訪町200

1936年(昭和11年) 姶伊酒造として創業
1944年(昭和19年) 三州興業に社名変更
1953年(昭和28年) 金菱酒造に社名変更
1968年(昭和43年) さつま司酒造に社名変更
2002年(平成14年) アサヒビール株式会社の傘下に
2011年(平成23年) アサヒグループ ニッカウヰスキーの子会社に
2017年(平成29年) ニッカウヰスキーさつま司蒸溜蔵に組織再編

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。