*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2021年

2021年5月6日
アサヒビール株式会社

3種類の国産茶葉を厳選使用した緑茶のボトル缶チューハイ
『アサヒ月庵 緑茶割り』1都4県のセブン‐イレブンで発売

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、RTD※1カテゴリーの新商品『アサヒ月庵(げつあん)緑茶割り』を1都4県の酒類取扱いのセブン‐イレブンにて、静岡県では5月11日、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県では5月18日から発売します。

 『アサヒ月庵 緑茶割り』は煎茶、玉露、かぶせ茶の国産茶葉を原材料に使用したボトル缶チューハイです。3種類の茶葉を低温で長時間かけてじっくり抽出することにより、緑茶のまろやかで本格的な旨みと心地良い渋みをお楽しみいただけます。香料は使用せず、茶葉由来の自然な味わいや香りを大切にしています。容器はリキャップ可能な口の広いボトル缶を採用しました。茶葉がもつ華やかで深みのある香りを最大限に感じていただくとともに、自分のペースに合わせてゆっくりと味わうことができます。パッケージデザインは、緑と深緑の市松模様をベースに、金色の三日月を印象的に配置しました。

 本商品のコンセプトは、時間をかけてゆっくりと味わうことをイメージした“大人が夜に嗜む、緑茶割り”です。商品名は夜の月を愛でながらくつろぎの時間を楽しむ趣深い世界観を表現し「月庵」と名付けました。

 当社調査※2によると、飲食店などで飲まれる焼酎のお茶割りは「お腹にたまらず、楽にゆっくりと飲める」「すっきりしていてどんな食事にも合う」「落ち着く、安心する」など、リラックスしながら楽しまれていることが分かりました。今回アサヒビールは、時間をかけてゆっくりと味わえるボトル缶の特長を生かし、20代〜30代の男女を中心に、ご家庭などで楽しめる緑茶割りを提案します。アサヒビールは、今後も魅力的な商品展開や積極的な販促活動を通して、お客様満足を追求し“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。

※1:「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。
※2:2020年9月・12月実施 アンケート調査

【商品概要】

商品名 アサヒ月庵 緑茶割り
品目 スピリッツ
発売品種 ボトル缶400ml
アルコール分 4%
発売地区 1都4県の酒類取扱いのセブン‐イレブン
発売日 静岡:5月11日
東京・神奈川・千葉・埼玉:5月18日
希望小売価格 181円(税抜き)、199円(税込み)
* 希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。
  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。