*Firefox 87.0をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2021年

2021年3月30日
アサヒビール株式会社

緑黄色社会 長屋晴子さん出演
『アサヒスーパードライ ザ・クール』新TVCM
「自分をかなえる」篇
3月30日(火)から放映開始!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、『アサヒスーパードライ ザ・クール』の新TVCM「自分をかなえる」篇を3月30日(火)から全国で放映します。今回はTVCM初出演となり、若年層を中心に人気のバンド緑黄色社会のボーカル・長屋晴子さんを新たに起用します。

 「自分をかなえる」篇は、長屋さんが今回のCMのために書き下ろした新曲をライブハウスで歌い出すシーンから始まります。青色のスポットライトで『アサヒスーパードライ ザ・クール』の世界観を演出しています。1曲歌い上げた後に、“自分をかなえる。”というブランドメッセージとともに、ビールをおいしそうに飲む様子を描いています。『アサヒスーパードライ ザ・クール』の缶が“誕生”したことを訴求し、本商品の認知拡大と飲用喚起を図ります。同日からWEB特別版として、長屋さんの楽曲をよりお楽しみいただけるロングバージョンCMを放映します。

「自分をかなえる」篇 画像
「自分をかなえる」篇 画像

 アサヒビールは、若年層のビール需要拡大に向けた取り組みを積極的に強化しています。『アサヒスーパードライ ザ・クール』は、若年層の新需要創造を目指す商品として2019年4月に業務用限定で発売しました。アルコール度数4%で、爽快に飲みやすい味わいが特長です。ドイツ産ホップ「ポラリス」を原材料に使用し、苦味や渋みを抑えた冷涼感のある軽快な飲み口を実現しています。主に飲食店を中心に展開し、“若者が仲間と一緒に、軽快にビールを楽しむ”飲用シーンを提案し、びんから直接ビールを飲用するスタイルの浸透を図ってきました。3月30日(火)から全国にて期間限定で缶(350ml・500ml)を発売します。ブランドメッセージを新たに“自分をかなえる。”とし、ターゲットである若年層へ向けて“『アサヒスーパードライ ザ・クール』=前向きに夢へと向かう人を応援するビール”ということを訴求していきます。

 当社が実施した調査では、20-30代の若年層は、“外飲み”の利用頻度が他の世代よりも高く、飲食店からビール類の飲用を始める傾向がある一方、コロナ禍において、“家飲み”が増えたと回答する割合が、他の世代より多い傾向にありました。今回、『アサヒスーパードライ ザ・クール』の缶を発売することで、若年層を中心としたターゲットへの認知拡大や飲用喚起を図り、飲食店向けに展開しているびんと連動させて、若年層のビール需要活性化を目指します。

参考:『アサヒスーパードライ ザ・クール』ブランドサイト

URL:https://www.asahibeer.co.jp/superdry/cool/limited.html

参考:撮影エピソード

 長屋さんは、今回が初めてのCM撮影となりましたが、ロケ地がライブハウスということもあり、「緊張感がありつつも、安心して撮影に臨むことができた」とコメントがありました。今回のCMのために書き下ろされた新曲を堂々と歌い上げるその姿は圧巻で、現場スタッフは思わず聞き入ってしまうほどでした。『アサヒスーパードライ ザ・クール』を飲むシーンでは、歌う緊張から解き放たれて、本商品の特長でもある“爽快感”を表現することができました。

参考:出演者プロフィール

氏  名 長屋 晴子
生年月日 1995年5月28日
プロフィール 愛知県出身。
2012年、高校の同級生らとともに「緑黄色社会」を結成。ドラマ・映画などの主題歌を多数手がける。
2020年に発表した「Mela!」が、ストリーミング再生数5000万回、ミュージックビデオ再生数2500万回を突破するなどロングヒット中。
透明かつ力強い歌声と、楽曲のカラーバリエーション、ポップセンスにより、同世代の支持を多く集める。
  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。