ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2021年

2021年2月10日
アサヒビール株式会社

春限定『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』の
イメージに合う楽曲を選曲したプレイリスト
「SUPER DRY Spring Hits!」を2月10日(水)から公開!
〜音楽と一緒にビールを楽しむという豊かな飲用シーンを提案〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、ユニバーサル ミュージック合同会社(本社:東京都渋谷区、社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉 尚)と共同で作成したプレイリスト「SUPER DRY Spring Hits!」を、2月10日(水)から5月16日(日)まで、音楽ストリーミングサービス「Spotify」「Apple Music」にて公開します。ユニバーサルミュージックがビールメーカーと共同でプレイリストを作成するのは、初めての取り組みです。

 「SUPER DRY Spring Hits!」は、春限定『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』のイメージに合う、春らしい高揚感のある楽曲を選曲して作成したプレイリストです。「スーパードライ」のTVCMでも使用している「This Is Me」はじめレディー・ガガやジャスティン・ビーバー、マルーン5など若年層に人気の洋楽アーティストの楽曲を中心に計30曲を選曲しています。自宅で過ごす時間が増える中、音楽と一緒にビールを楽しむという豊かな飲用シーンを提案します。

 春限定『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』は、鮮やかなピンク色をベースに満開の桜の花を缶体およびラベルにデザインした春限定の商品です。缶350ml・缶500mlを1月26日(火)から期間限定で、中びん500ml、大びん633mlを3月12日(金)から完全予約受注制で発売します。TVCM放映や“バーチャルお花見”をテーマにしたWEB限定動画の配信に加え、春らしい高揚感のある音楽の配信など通じて、桜の季節に合わせた「スーパードライ」の特別な飲用体験を演出します。商品・広告・販促・店頭を連動させて「スーパードライ」の飲用喚起を図ることで、女性や若年層のビール需要活性化を目指します。

 アサヒビールは、中長期的なビール需要の活性化に取り組んでいます。「スーパードライ」の中長期のブランドテーマを“THE JAPAN BRAND”と設定し、“最高品質の提供”と“飲用機会の拡大”を見据えた取り組みを強化しています。ブランドメッセージ「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」の下、様々な取り組みを展開することで、ビール需要の活性化を図ります。「スーパードライ」の一貫したブランド価値や特別な飲用体験を消費者に提供することで、“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。

■プレイリスト「SUPER DRY Spring Hits!」

URL: https://umj.lnk.to/Superdry_SpringHitsPR

  • 1.グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)
    「This Is Meキアラ・セトル&ザ・グレイテスト・ショーマン・アンサンブル」
  • 2.ゼッド 「Inside Out feat. Griff」
  • 3.ジョナス・ブルー 「Rise feat. Jack & Jack」
  • 4.レディー・ガガ 「Rain On Me with Ariana Grande」
  • 5.ショーン・メンデス&ゼッド 「Lost In Japan(Remix)」
  • 6.ジャスティン・ビーバー 「Anyone」
  • 7.ケイティ・ペリー 「Smile」
  • 8.アウル・シティー&カーリー・レイ・ジェプセン 「Good Time」
  • 9.テイラー・スウィフト 「ME! featuring Brendon Urie of Panic! At The Disco」
  • 10.サーフェシズ 「Sunday Best」
  • 11.マルーン5 「Sugar」
  • 12.アリアナ・グランデ 「Positions」
  • 13.ショーン・メンデス 「Wonder」
  • 14.コナン・グレイ 「Maniac」
  • 15.カーリー・レイ・ジェプセン 「Cut To The Feeling」
  • 16.ハイム 「The Steps」
  • 17.ブラック・アイド・ピーズ 「I Gotta Feeling」
  • 18.ジェシー・J、アリアナ・グランデ、ニッキー・ミナージュ 「Bang Bang」
  • 19.ザ・ウィークエンド 「Blinding Lights」
  • 20.マシュメロ&ホールジー 「Be Kind」
  • 21.アリアナ・グランデ 「Break Free feat. ZEDD」
  • 22.ジョナス・ブラザーズ 「What A Man Gotta Do」
  • 23.シェパード 「Coming Home」
  • 24.サム・スミス 「I’m Ready With Demi Lovato」
  • 25.マルーン5 「Nobody’s Love」
  • 26.BTS 「Dynamite」
  • 27.テイラー・スウィフト 「Shake It Off」
  • 28.ヴァネッサ・カールトン 「A Thousand Miles」
  • 29.ボン・ジョヴィ 「Do What You Can」
  • 30. クイーン 「Don’t Stop Me Now」

【ユニバーサル ミュージック合同会社 会社概要】

 ユニバーサル ミュージック合同会社は、全世界60の地域に子会社となる音楽会社、ライセンシーを展開する世界最大の音楽企業 ユニバーサル ミュージック グループの日本法人です。邦楽、洋楽、クラシックス&ジャズ、カタログなど様々な歴史を持つ音楽レーベルから幅広い音楽ジャンルの作品が生み出されています。ユニバーサル ミュージック グループは、メディアと通信のグローバル企業であるビベンディ (Vivendi) 傘下の1グループです。

URL: http://www.universal-music.co.jp/

  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。