ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2020年

2020年10月29日
アサヒビール株式会社

全国のファミリーマートで数量限定発売
『アサヒ ザ・ダブル』
〜2種類の麦芽100%ビールを贅沢にブレンド〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、株式会社ファミリーマート(本社 東京、社長 澤田貴司)と共同開発したビール『アサヒ ザ・ダブル』を、全国のファミリーマートで11月10日(火)から、全家便利商店股份有限公司(以下、台湾ファミリーマート)で12月16日(水)から、それぞれの酒類取扱店において数量限定で発売します。

 『アサヒ ザ・ダブル』は、日本で初めて麦芽100%のピルスナータイプのビールと麦芽100%のエールタイプのビールを贅沢にブレンドしたビールです。飲みごたえがありキレの良い後味が特長のピルスナーと、華やかな香りと豊かなコクが特長のエールをブレンドすることで、贅沢で奥深い味わいを実現しました。缶体は、“贅沢感”を感じさせる金色と赤色をベースに、缶体上部の「日本初ダブルでブレンド」のアイコンと、缶体中央の「2種の“麦芽100%ビール”を贅沢にブレンド」という文言で、商品の特長を訴求しています。

※麦芽100%のピルスナーと麦芽100%のエールをブレンドしたことを日本で初めて訴求したビールです。Mintel社製品データベースを用いた調査結果。2020年3月アサヒビール調べ。

 『アサヒ ザ・ダブル』は、ファミリーマートとの共同開発商品として2018年9月から数量限定で発売しています。酒税税率改正で関心が高まっているビール市場において、話題喚起と需要の活性化を図り、“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。

【商品概要】

商品名 アサヒ ザ・ダブル
品目 ビール
発売品種 缶350ml、缶500ml
アルコール分 5%
発売日 11月10日(火)
※台湾ファミリーマートは12月16日(水)
取扱店 全国のファミリーマート 酒類取扱店 約16,300店
台湾ファミリーマート 酒類取扱店 約3,700店
※台湾ファミリーマートは缶500mlのみ販売
製造工場 名古屋工場
  • バックナンバー
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。