ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2020年

2020年10月8日
アサヒビール株式会社

2020年に収穫した「国産つがるリンゴ」を使用した新酒
『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2020』
期間限定で11月4日(水)発売!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、今年収穫した国産リンゴ品種「つがる」を使用して醸造した『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2020』(びん200ml・720ml)を、11月4日(水)から期間限定で発売します。

 『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2020』は、2020年に収穫した「国産つがるリンゴ」を使用して醸造した新酒のスパークリングワインです。糖類、香料は無添加で、やさしい甘さとフレッシュでさわやかな酸味が特長です。手軽にお楽しみいただけるようアルコール度数は2%に仕上げました。

 パッケージは、赤を基調とした華やかな色合いに深い緑とゴールドを組み合わせ、クリスマスなどスパークリングワイン需要が高まる“ハレ”の日にもお楽しみいただけるデザインにしています。商品特長である「2020年新酒」「つがるリンゴ」をラベル中央に配するとともに、「国産リンゴ100%スパークリングワイン」、「糖類・香料無添加」を記載することで、自然由来の品質であることを訴求しています。

 「ニッカ シードル」は、朝日麦酒(現アサヒグループホールディングス)の支援により1954年に設立された朝日シードル(株)にその起源をもちます。その後、リンゴ加工に造詣の深かったニッカウヰスキー(株)に引き継がれ、今ではニッカウヰスキー(株)を代表するブランドの一つとなっています。「ニッカシードル」を製造しているニッカヰウスキー弘前工場は、2020年10月に操業60周年を迎えました。

 「ニッカ シードル」は、20代のアルコールエントリー層から、日頃スパークリングワインを愛飲されているお客様まで、幅広くご支持いただいています。今後も当社は、国産リンゴの品質と特長を生かした「ニッカ シードル」の魅力的な商品展開を通して、シードル市場のさらなる活性化を図るとともに、お客様満足を追求し“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。

【商品概要】

商品名 ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2020
品目 果実酒(発泡性)①
容器・容量 びん200ml びん720ml
アルコール分 2%
発売日 11月4日(水)
発売地区 全国
製造工場 ニッカウヰスキー弘前工場
価格 オープン価格

※「ニッカシードル」ブランドサイト:https://www.asahibeer.co.jp/cidre/

  • バックナンバー
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。