ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2020年6月26日
アサヒビール株式会社

『アサヒ ザ・リッチ』新TVCM
「出会い」篇、「好きだ」篇
6月26日(金)から放映開始!
〜竹野内豊さんに加え新たに長澤まさみさんが出演!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、『アサヒ ザ・リッチ』の新TVCM「出会い」篇、「好きだ」篇を6月26日(金)から全国で放映を開始します。今回のTVCMには、発売時から出演している竹野内豊さんに加え、長澤まさみさんを新たに広告キャラクターとして起用します。

 「出会い」篇は、『アサヒ ザ・リッチ』に初めて出会った長澤さんが「新ジャンルでプレミアムビールを目指した?」と問いかけながら、『アサヒ ザ・リッチ』を飲んだ後に「リアリィ!?」と驚きの表情で商品のおいしさを表現しています。最後に、長澤さんがあまりのおいしさに「おいすぃ。」と思わず叫んでしまう姿が印象的です。

 「好きだ」篇は、竹野内さんが「一口目からうまさが違う」と語りながら『アサヒ ザ・リッチ』を味わい、思わず「好きだ。」とつぶやいてしまうシーンを通じて商品のおいしさを表現しています。CMの最後には「ライバルは、プレミアム。」というブランドメッセージと合わせて、竹野内さんと長澤さんが『アサヒ ザ・リッチ』のおいしさを実感している表情が印象的なTVCMに仕上がっています。

【新TVCM「出会い」篇、「好きだ」篇】画像
【新TVCM「出会い」篇、「好きだ」篇】画像

 『アサヒ ザ・リッチ』は、“プレミアムビールのような上質さ、贅沢感”を目指して開発した新ジャンルです。原材料は、麦を贅沢に使用し、当社新ジャンル商品として最大級の原麦汁エキス濃度にすることで、コク深い味わいを実現しました。チェコ・ザーツ産の最高級ファインアロマホップを一部使用し、爽やかな香りで食事に合わせやすいバランスのとれた味わいに仕上げています。本年3月の発売以降、竹野内さんを起用したTVCM展開やSNSなどデジタルを活用した販促・広告活動などを積極的に展開し、5月に年間販売目標を当初計画比の2倍となる800万箱に上方修正しました。6月上旬には300万箱を突破するなど引き続き好調に推移しています。

※:発泡酒をベースとした当社「リキュール(発泡性)@」(限定商品を除く)における原麦汁エキス濃度の比較において。

参考:『アサヒ ザ・リッチ』ブランドサイト

URL:https://www.asahibeer.co.jp/rich/

参考:撮影エピソード

 今回のTVCMは、竹野内さんと長澤さんがそれぞれ心象風景シーンと現実シーンを行き来する設定での撮影となりました。心象風景シーンの撮影では、『アサヒ ザ・リッチ』のエンブレムを背景に商品を飲むシーンにおいて、“プレミアムビールのうまさを目指した新ジャンル”という商品特長を表現する2人の貫禄の演技にスタジオ全体が引き込まれていました。現実シーンの撮影では、『アサヒ ザ・リッチ』のおいしさにそれぞれ思わずつぶやいてしまうシーンにおいて、竹野内さんと長澤さんがお互いの演技につっ込み合うなど、終始和やかな雰囲気での撮影となりました。

参考:出演者プロフィール

氏  名 竹野内豊
生年月日 1971年1月2日
プロフィール 1994年TBSドラマ「ボクの就職」で俳優デビュー。
その後数多くの映画・ドラマに出演。
映画「太平洋の奇跡〜フォックスと呼ばれた男」では第54回ブルーリボン賞 主演男優賞を受賞。近年ではTBSドラマ「義母と娘のブルース」、NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に出演。
氏  名 長澤まさみ
生年月日 1987年6月3日
プロフィール 2000年に第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得。
2003年には初主演映画「ロボコン」で、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も映画、ドラマの話題作に多数出演。
最近は映画「マスカレード・ホテル」・「キングダム」・「コンフィデンスマンJP ロマンス編」に出演し、7月3日に主演映画「MOTHER マザー」、7月23日に主演映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開も控えている。
  • バックナンバー
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。