ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2020年6月10日
アサヒビール株式会社

“糖質ゼロ”発泡酒のパイオニア『アサヒスタイルフリー<生>』販売好調!
1−5月の前年比107%。最盛期に向けて6月に約2割、7月に約1割増産!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、2007年より発売している“糖質ゼロ”発泡酒のパイオニアである『アサヒスタイルフリー<生>』を前年実績に対して6月に約2割、7月に約1割増産します。健康意識の高まりなどを背景に2020年1-5月の販売数量は前年比107%となり5カ月連続で前年超えが続き、5月単月の販売数量は前年比113%と好調に推移しています。

■『アサヒスタイルフリー<生>』好調の要因

  • ・3月下旬以降製造分より順次クオリティアップを実施し、麦の豊かな味わいや“ビールらしい”本格的な飲みごたえが評価されています。
  • ・当社が実施したインタビュー調査で、糖質やプリン体などに配慮したビール類を飲用する健康を気遣うお客様には「糖質などを気にしながらも、前向きに解放された気分でビール類を楽しみたい」というニーズがあることが分かりました。アウトドアのように開かれたシチュエーションで食事と一緒に『アサヒスタイルフリー<生>』を自由な気分で楽しむ飲用シーンを訴求するため、アウトドアブランドとして人気の高い「コールマン」のアウトドアグッズが当たる「アウトドアスタイルグッズ プレゼントキャンペーン」を5月11日(月)から7月13日(月)まで実施しています。昨年同期間に実施したキャンペーンと比較し、応募開始2週目時点で約4倍の応募数となるなど好評です。
  • ・新型コロナウイルス感染拡大に伴い家で過ごす時間が増える中、自宅での楽しみ方を訴求している「コールマン」のアウトドアグッズと『アサヒスタイルフリー<生>』が当たる“家飲みキャンプ応援キャンペーン”を5月1日から5月25日まで実施しました。SNSやWEBなどデジタルを活用して話題喚起を図った結果、「スタイルフリーで家飲みキャンプしたいです」「スタイルフリー飲みながらのおうちキャンプいいですね」といった声をいただきました。
  • ・新型コロナウイルス感染拡大の影響による外出自粛や健康志向の高まりから、直近のビール類市場は、糖質やプリン体などに配慮したビール類のまとめ買いや一人当たりの購入量が多い傾向があり、需要が拡大しています。EC業態での『アサヒスタイルフリー<生>』の4-5月の販売数量は前年実績に対して約7割増となるなど好調に推移しています。

「アウトドアスタイルグッズ プレゼントキャンペーン」「家飲みキャンプ応援キャンペーン」

■今後の活動

  • ・アサヒビールは、糖質やプリン体などに配慮したビール類として、『アサヒスタイルフリー<生>』の他に『アサヒ オフ』や『クリアアサヒ 贅沢ゼロ』などを展開しており、3商品合計の5月の販売数量は前年比1割増と好調に推移しています。これらのラインアップを通じて、健康を気遣うお客様のニーズにお応えし、ビール類市場の活性化を目指します。
  • ・夏場の最盛期に向けて、上記ブランドが対象の「アウトドアスタイルグッズ プレゼントキャンペーン」の訴求を引き続き強化するとともに、“家でも楽しめる”をテーマにSNSなどデジタルを活用した情報発信を通じて、ブランドの認知拡大や飲用シーンの訴求、さらなる飲用喚起を図ります。

【商品概要】

商品名 アサヒスタイルフリー<生>
品目 発泡酒
発売品種 缶350ml、缶500ml
アルコール分 4%
製造工場 北海道工場、福島工場、茨城工場、神奈川工場、
名古屋工場、吹田工場、四国工場、博多工場
発売地区 全国
価格 オープン価格

■『アサヒスタイルフリー<生>』商品情報:https://www.asahibeer.co.jp/products/beer/stylefree/

  • バックナンバー
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。