ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2019年10月11日
アサヒビール株式会社

「元気な四国へ!」さとあいプロジェクト
「四国遍路を世界遺産に」第9弾!
〜対象商品の売上の一部を寄付、「四国遍路の世界遺産登録に向けた活動」
「四国遍路道周辺の環境整備等」にお役立ていただきます。〜
※:期間限定・対象商品限定
昨年までの寄付金額累計は、1,906万7,379円

 アサヒビール(株)四国統括本部(本部長 枝伸)は、「四国遍路を世界遺産に」キャンペーンを、2019年11月中旬から四国4県にて実施します。対象商品の売上の一部を「世界遺産登録に向けた活動」や「四国遍路道周辺の環境整備等」にお役立ていただきます。

 アサヒビール(株)は、四国4県が一体となり取り組んでいる、長い歴史を超えて地域と共存し継承されてきた世界に誇る生きた文化遺産「四国遍路」を後世へ確実に受け継いでいく活動に賛同し、本キャンペーンを2011年から実施しています。昨年までの累計寄付金額は1,906万7,379円です。

 取り組み開始から9年目となる本年は、新たに『アサヒドライゼロ』(缶350ml・缶500ml・びん334ml)を対象商品に追加するとともに、2011年の開始から対象商品である『アサヒスタイルフリー<生>』のデザインを一新し、取り組みを強化します。缶体パッケージには、“四国遍路を世界遺産に”の文字とともに、“「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会”のシンボルマークを配しています。キャンペーンの開始にあわせ、県ごとに異なるデザインのオリジナルポスターを作製します。
 本キャンペーンの実施を通して、「四国遍路」の世界遺産登録を応援するとともに、地域の活性化に貢献できることを期待しています。

【実施概要】

名称 アサヒビール「四国遍路を世界遺産に」キャンペーン
対象商品 ●『アサヒスタイルフリー<生>』 缶350ml、缶500ml
●『アサヒスタイルフリーパーフェクト』 缶350ml、缶500ml
●『アサヒドライゼロ』缶350ml、缶500ml
・『アサヒスタイルフリー<生>』は2011年のプロジェクト開始からの対象商品です。
・『アサヒスタイルフリー<生>』缶350ml、缶500ml、『アサヒドライゼロ』缶350mlの缶体に「この商品1本につき1円が四国遍路周辺の環境整備等に活用されます」と明記している本キャンペーンの専用資材で出荷します。
●『一番札』瓶900ml、瓶1800ml
・『一番札』の商品名は、四国霊場一番札所に由来しています。
●『ヴィニャ・アルバリ・テンプラニーリョ』瓶750ml
●『ヴィニャ・アルバリ・ベルデホ・ソーヴィニヨン・ブラン』瓶750ml
●『ヴィニャ・アルバリ・ロゼ』瓶750ml
・四国4県とスペイン ガリシア州との間で、2015年9月に「四国八十八箇所霊場と遍路道」と「サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路」の協力協定が結ばれたことを記念し、同年より「ヴィニャ・アルバリ」ブランドを対象商品に追加しました。
対象期間 「アサヒスタイルフリー」ブランド:2019年11月中旬から12月上旬
『アサヒドライゼロ』:2019年11月中旬から12月上旬
『一番札』:2019年1月上旬から12月下旬
「ヴィニャ・アルバリ」ブランド:2019年10月中旬から12月下旬
寄付内容 四国4県の売上の一部を四国八十八箇所霊場と遍路道の世界遺産登録に向け活動されている以下の団体寄付し、「四国遍路の世界遺産登録に向けた活動」や、「四国遍路道周辺の環境整備等」にお役立ていただきます。
●「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会
●NPO法人徳島共生塾一歩会(徳島県)
●NPO法人ループ88四国(愛媛県)
●「四国へんろ道文化」世界遺産化の会(愛媛県)
●NPO法人遍路とおもてなしのネットワーク(香川県)
●四国八十八ヶ所ヘンロ小屋プロジェクト(大阪府)
●高知県商工会議所女性会連合会(高知県)
・「アサヒスタイルフリー」ブランド、『アサヒドライゼロ』:売上1本につき1円
・『一番札』、「ヴィニャ・アルバリ」ブランド:売上1本につき5円
  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。