ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2019年7月9日
アサヒビール株式会社

福島県産米“天のつぶ”を使用
『アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造』
7月23日(火)発売!
〜売上1本につき1円を福島県の地域振興などにお役立ていただきます〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、『アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造』を7月23日(火)より、福島県限定で発売します。本商品の売上1本につき1円を、福島県の地域振興などにお役立ていただきます。

『アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造』画像
画像クリックで高解像度画像

 『アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造』は、福島県産米“天のつぶ”※1を用いて福島工場で製造する、福島県限定発売の特別な「スーパードライ」です。

 ラベルおよび缶体パッケージは、本商品の売上、1本につき1円を福島県の地域振興などにお役立ていただくことと、福島工場の40周年記念限定商品であることを記載し、地域に根ざした取り組みであることを訴求しています。また、福島県産品の魅力をPRするためにつくられた“ふくしまプライド”のフラッグロゴと“天のつぶ”のロゴを、福島県の地図とともに、「スーパードライ」のロゴマークの下にデザインしました。

 アサヒグループでは、これまでも東日本大震災後の地域コミュニティの維持・再生と復興まちづくりを推進することを目的とした助成活動や、福島で開催される全国イベントへの寄付、福島県産の果実を原料とした炭酸飲料の発売などを通じて、福島県の地域貢献、地産地消を応援してまいりました。

 『アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造』は、昨年12月に第一弾を発売し、大変ご好評をいただきました。本年も多くのお客様にお楽しみいただくとともに、継続的に福島県への地域貢献、地産地消を応援していくために発売します。本商品が話題を呼び、地元の皆さまのみならず、福島県を訪れる多くの人々に親しまれることを期待しています。

※1:“天のつぶ”は、福島県が15年の歳月をかけて開発した品種で、穂が出るときに天に向かってまっすぐ伸びる稲の力強さと、天の恵みを受けて豊かに実る一粒一粒のお米をイメージして命名されました。粒ぞろいが良く、光沢があり、しっかりとした食感が楽しめるお米です。 出典:うつくしま、ふくしま米情報センターHP 引用

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造
品目 ビール
原材料 麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
発売品種 缶350ml、缶500ml、中びん500ml、オリジナルギフトセット
アルコール分 5%
発売日 7月23日(火)
販売目標 27,000箱※2
製造工場 福島工場
発売地区 福島県限定

※2:1箱は大瓶633ml×20本で換算。

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。