ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2019年5月13日
アサヒビール株式会社

「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」
「瀬戸内国際芸術祭2019」デザイン商品
ご好評につき再発売!!
〜アサヒビールは「瀬戸内国際芸術祭2019」を応援しています!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、『アサヒスーパードライ「瀬戸内国際芸術祭2019」』の中びん500mlを7月2日(火)、同デザイン商品の缶350mlと『クリアアサヒ「瀬戸内国際芸術祭2019」』の缶350ml(以下、「瀬戸内国際芸術祭2019」デザイン商品)を7月9日(火)に、それぞれ香川県を中心とする四国4県で発売します。

「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」「瀬戸内国際芸術祭2019」デザイン商品
画像クリックで高解像度画像

 「瀬戸内国際芸術祭」は、豊かな歴史と風土に育まれた瀬戸内で開かれる現代アートの祭典です。2010年より3年に1回開催されており、4回目となる本年は、2016年に引き続き「春」「夏」「秋」の3シーズンに分けて、瀬戸内海の12島14会場で行われます。
 当社は、「瀬戸内国際芸術祭2019」デザイン商品を、本年4月9日(火)に数量限定にて発売しました。本年2回目の発売となる今回は、夏の開催に合わせて発売します。ラベルおよび缶体には、“アサヒビールは「瀬戸内国際芸術祭2019」を応援しています”の文字とともに、高松港と女木島・男木島を結ぶ「めおん号」のイラストをデザインしています。6缶パック側面には、高松港の代表的な芸術作品である「Liminal Air -core-」(大巻伸嗣)を配しています。
 「瀬戸内国際芸術祭2019」デザイン商品が、地元の皆様のみならず、瀬戸内、香川を訪れる多くの人々に親しまれ、芸術祭の話題喚起と地域の活性化に貢献できることを期待しています。

「瀬戸内タンブラー」画像

 アサヒビール(株)は、「瀬戸内国際芸術祭」が掲げる活動方針に共感し、第3回開催から「瀬戸内国際芸術祭」のパートナー企業となっています。また、従来から実施している地域との共生プロジェクト「元気な四国へ!さとあいプロジェクト」の取り組みの一環と位置付け、デザイン商品発売以外でも、芸術祭の盛り上げにつながる施策を実施します。オリジナルポスターを作成し香川県内の飲食店を中心に掲示するとともに、芸術祭開催を記念して特別に製作する、芸術祭ロゴ入り「瀬戸内タンブラー」をあわせて展開します。県内外のお客様にさらに芸術祭を楽しんでいただけるよう取り組んでいきます。

オリジナルポスター画像

ご参考:オリジナルポスター

屋島や瀬戸内の島々を背景に、高松港の象徴的な芸術作品「Liminal Air -core-」(大巻伸嗣)を配しています。

オリジナルポスター画像

香川県三豊市の紫雲しう出山でやまから望む瀬戸内の島々の風景です。
米紙ニューヨーク・タイムズが発表した、読者に勧める旅行先「2019年に行くべき52カ所」に、「瀬戸内の島々」が7番目に選定されました。その中で紫雲しう出山でやまから撮影した瀬戸内の島々の美しい風景も紹介されました。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「瀬戸内国際芸術祭2019」
クリアアサヒ
「瀬戸内国際芸術祭2019」
容量 中びん500ml 缶350ml 缶350ml
販売予定数量 2,000箱 3,000箱 2,400箱
発売日 7月2日(火) 7月9日(火)
発売期間 7月末までの予定(予定数量を販売次第終了)
発売地域 香川県を中心とした四国4県

※:1箱は大瓶633ml×20本で換算。

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。