ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2019年4月2日
アサヒビール株式会社

アサヒスーパードライ
「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」
4月23日(火)発売!
〜アサヒビールは、本年も「ANAウインドサーフィンワールドカップ
横須賀・三浦大会」の盛り上げに貢献します!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、『アサヒスーパードライ「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」』(缶350ml)を、4月23日(火)から神奈川県を中心に発売します。

『アサヒスーパードライ「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」』画像
画像クリックで高解像度画像

 本商品は、「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」の開催に合わせて発売する限定商品です。缶体パッケージには、「アサヒスーパードライ」のロゴマークの下に、大会名称である「ANA ウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」の文字と、大会ロゴ、大会が行われる津久井浜海岸・三浦海岸がある三浦半島のイラストをデザインしています。

 本大会は、2017年に国内開催としては24年ぶりに行われた、世界のトッププロによる迫力のあるレースが繰り広げられる国際大会です。2018年は4万9000人以上の観客が来場し、会場である津久井浜海岸をはじめ横須賀市全体が大きな盛り上がりをみせました。本年は、5月10日(金)から15日(水)の6日間、横須賀市津久井浜海岸と三浦市三浦海岸で開催されます。

 アサヒビール(株)は、大会の協賛企業として大会の盛り上げと地域の活性化に貢献するため、2017年と2018年に本商品を発売し、大変ご好評をいただきました。3年連続の開催となる本年も、大会をさらに盛り上げるために本商品を発売します。

 『アサヒスーパードライ「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」』が話題を呼び、地元の皆様のみならず、津久井浜海岸、横須賀市を訪れる多くの人々に親しまれ、地域一帯の盛り上げに貢献できることを期待しています。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」
容器・容量 缶350ml
販売数量 約86,400本
製造工場 神奈川工場
発売期間 4月23日(火)〜5月末までの予定
※販売予定数量なくなり次第終了となります。
販売地域 主に神奈川県
  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。