ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2019年3月8日
アサヒビール株式会社

レモン、柚子、四季柑(※1)の3種類の柑橘果汁を使用した缶チューハイ
『アサヒもぎたて期間限定まるごと柑橘搾り』
4月2日(火)発売!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、RTD(※2)カテゴリーの新商品として『アサヒもぎたて期間限定まるごと柑橘搾り』(以下、<まるごと柑橘搾り>)を、4月2日(火)から全国で発売します。

(※1)「カラマンシー」と呼ばれる東南アジア原産の柑橘。しっかりした酸味に加え、程よい苦味とやさしい爽やかな香りが特徴です。
(※2)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。

 <まるごと柑橘搾り>は、収穫後24時間以内に搾汁した3種類の柑橘果汁を使用した缶チューハイです。爽やかな酸味が特長のレモン、華やかな香りをもたらす柚子、程よい苦みのある四季柑の果汁をブレンドし、風味豊かな柑橘の味わいをお楽しみいただけます。また、独自技術の「新<もぎたて>キープ製法」(※3)を採用することで、果実本来の香味成分の劣化を抑制し、“つくりたてのおいしさ”と“活きた果実の味わい”を実現しました。
 パッケージデザインは、レモン・柚子・四季柑のみずみずしい果実のイラストをあしらうとともに、缶体正面に「3種の柑橘」と大きく記載することで、商品特長を分かりやすく訴求しています。

(※3)香味劣化抑制技術と低温殺菌技術を掛け合わせた「アサヒフレッシュキープ製法」を進化させ、より低い温度帯での低温殺菌を実現し、果実由来の味わいをより高める製法。

 「アサヒもぎたて」は、2016年4月の発売以来、“鮮度にこだわった果実感が楽しめる高アルコールRTD”としてお客様にご評価いただいています。本年は、原材料だけでなく製造工程や容器の形状まで一貫した「鮮度マネジメント(※4)」を導入し、中味・パッケージをクオリティアップした同ブランドを4月2日(火)に発売します。合わせて、期間限定品を発売することで、RTD市場におけるプレゼンス拡大を図ります。

(※4)従来の「収穫後24時間以内に搾汁した果汁のみを使用」「劣化を抑制し、果実由来の香りを維持する超低温殺菌技術の活用」に加えて、「製造時間の短縮」「抗酸化効果の強化」「容器形状の変更」を行いました。これら5点の“鮮度”を徹底的に追求する一連の取り組みを指します。

【商品概要】

商品名 アサヒもぎたて期間限定まるごと柑橘搾り
品目 スピリッツ(発泡性)①
容量 缶350ml・缶500ml
アルコール分 9%
発売日 2019年4月2日(火)
※6月末までを予定
発売地域 全国
希望小売価格
(消費税抜き)
缶350ml:141円、缶500ml:191円

※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。
※ブランドサイト:https://www.asahibeer.co.jp/mogitate/

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。