ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2019年2月15日
アサヒビール株式会社

『アサヒスーパードライ
「三陸鉄道リアス線一貫運行記念ラベル」』
3月5日(火)発売
〜アサヒビールは岩手県の活性化を応援します!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『アサヒスーパードライ「三陸鉄道リアス線一貫運行記念ラベル」』(中びん500ml)を、3月5日(火)より岩手県全域で発売します。

 本商品は、三陸鉄道リアス線一貫運行を記念して発売します。ラベルには、「スーパードライ」のロゴマークの下に、「三陸鉄道株式会社」のロゴマークと「三陸鉄道リアス線 一貫運行記念」の文言を配するとともに、列車が三陸沿岸を走るイラストをデザインしました。

 1984年4月に開業した三陸鉄道株式会社は、地元の方の生活圏の拡大やネットワークを支える、三陸沿岸を縦貫する鉄道です。レトロ調車両やお座敷車両などを走らせ、地元の方に親しまれています。2011年の東日本大震災以降、不通となっていたJR山田線(宮古・釜石間)の復旧工事が進められており、2019年3月23日にJRから三陸鉄道に経営移管されます。移管後は、これまで、北リアス線、南リアス線の2つに分かれていた路線が「リアス線」として一つにつながり、全線開通となります。第3セクター鉄道としては、日本一長い路線となります。

 今回発売する『アサヒスーパードライ「三陸鉄道リアス線一貫運行記念ラベル」』が、岩手県で話題を呼び、地元の皆様のみならず、岩手県を訪れる多くの人々に愛され、地域の盛り上げに貢献できることを期待しています。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「三陸鉄道リアス線一貫運行記念ラベル」
容器・容量 中びん500ml
販売目標 40,000本
製造工場 福島工場
発売期間 3月5日(火)〜4月末までの予定
発売地域 岩手県全域
  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。