ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2019年

2019年1月16日
アサヒビール株式会社

東京2020オフィシャルビール『アサヒスーパードライ』から
大会応援ラベルの商品を新発売!
さらに、555mlジョッキをもう一種追加し、展開加速!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、開催を翌年に控えた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の機運醸成と業務用市場の活性化を目的に、1月16日(水)から、東京2020大会のエンブレムを記載した「アサヒビールオリジナル東京2020オリンピック・パラリンピック555mlジョッキ」(以下、555mlジョッキ)を展開します。さらに、『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援ラベル』(大びん633ml)を2月26日(火)に、完全予約受注制で発売します。

「アサヒビールオリジナル東京2020オリンピック・パラリンピック555mlジョッキ」『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援ラベル』(大びん633ml)、オリンピックロゴ

※デザインは変更となる可能性があります。

 昨年7月から、料飲店様へ「アサヒビールオリジナル東京2020オリンピック555mlジョッキ」の提案活動を強化しています。12月末で当初計画の5倍となる約5万店に拡大し、採用いただいた料飲店様からは、生ビールの売上が好調に推移するなど、大変好評をいただいております。
 東京2020オリンピック競技大会の開会式まで555日となる本日から、555mlジョッキを追加、本格展開することで、早期に年間目標10万店の達成を目指します。

 『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援ラベル』は、東京2020大会の開催500日前を記念して発売する商品です。ラベル下部には、活躍が期待される体操の内村航平選手(JOCシンボルアスリート)やバドミントンの松友美佐紀選手(JOCシンボルアスリート)・高橋礼華選手(JOCシンボルアスリート)、ウィルチェアーラグビーの池透暢選手の画像をデザインしました。アサヒビールは、本商品を通じて、日本全国の皆さまと心を一つにして東京2020大会を応援していきます。

 当社は、ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)※1※2です。東京2020大会の機運醸成に向けて、1月18日(金)から47都道府県ごとにラベルのデザインが異なる『アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 都道府県限定ラベル』(中びん500ml・全47種類)を発売するなど、日本の皆様に勇気と元気をお届けする、様々なプロモーションを実施しています。

  • ※1:主なカテゴリー内商品は、ビール類、ワイン、ノンアルコールビールテイスト飲料です。
  • ※2:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のパートナーと位置付けられており、大会運営や日本代表選手団のサポート、オリンピック・ムーブメントとパラリンピック・ムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ 東京2020大会応援ラベル
品目 ビール
発売品種 瓶:633ml(大瓶)
アルコール分 5%
原材料 麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
発売地域 全国
発売日 2019年2月26日(火)
(完全予約受注制)
製造工場 福島工場、茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、四国工場
価格 オープン価格
販売目標 7万ケース

※1ケースは大瓶633ml×20本で換算。

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。