ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年11月21日
アサヒビール株式会社

「ルーカス・ボルス社」監修の缶カクテル
『BOLS Ready To Drink期間限定ブルーシトラス』
『BOLS Ready To Drink期間限定ビターカシス』
11月27日(火)新発売!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、RTD(※1)カテゴリーの新商品として『BOLS Ready To Drink期間限定ブルーシトラス』(以下、<ブルーシトラス>)、『BOLS Ready To Drink期間限定ビターカシス』(以下、<ビターカシス>)を、株式会社ファミリーマート(本社 東京、社長 澤田貴司)が運営する「ファミリーマート」の酒類取扱店において2018年11月27日(火)より新発売します。
(※1)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイ、缶カクテルなどを指します。

 今回発売する2商品は、オランダのルーカス・ボルス社が監修し、同社が製造するリキュールブランド「ボルス」を使用した、甘すぎないすっきりとした飲み口が特長の缶カクテルです。「ボルス」を使用したRTDが発売されるのは世界で初めてです。

 <ブルーシトラス>は、ブルーキュラソーの『ボルスブルー』を一部使用したカクテルです。オレンジピールのほろ苦さと、グレープフルーツやトロピカルフルーツの甘酸っぱさが組み合わさった、バランスの良い味わいに仕上げました。

 <ビターカシス>は、カシスリキュールの『ボルス クレーム・ド・カシス』を一部使用したカクテルです。カシスの甘酸っぱさや渋みと、グレープフルーツ由来の酸味やほろ苦さが組み合わさった、バランスの良い味わいに仕上げました。

 パッケージは、缶体上部に「BOLS」のブランドロゴを配しました。また、スライスしたグレープフルーツ果実とカクテルグラスを色鮮やかに描き、本格的なカクテルであることを訴求します。

 アサヒビール(株)は、1575年に誕生した本格リキュール「ボルス」を使用した缶カクテルを発売することで、若年層を中心とした消費者ニーズの理解や知見を蓄積し、今後の商品開発に生かします。

【商品概要】

商品名 BOLS Ready To Drink
期間限定ブルーシトラス
BOLS Ready To Drink
期間限定ビターカシス
品目 リキュール(発泡性)①
発売品種 缶350ml
アルコール分 5%
果汁含有量 6%
発売日 11月27日(火)
取扱店 「ファミリーマート」の酒類取扱店

【参考】
■「ボルス」について
 「ボルス」は、オランダのルーカス・ボルス社が製造するリキュールブランドです。1575年に誕生し、現在世界110ヶ国以上で販売されています。30品種以上の豊富なフレーバーを揃え、様々なカクテルで幅広く活用されています。


※ブランドサイト
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/liquorworld/brand/bols/

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。