ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年11月14日
アサヒビール株式会社

アサヒスーパードライ
「東京2020大会応援 中国5県限定ラベル」
11月22日(木)発売
〜アサヒビールは、中国5県の盛り上げに貢献します!〜

  • 「アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 中国5県限定ラベル」画像
    画像クリックで高解像度画像
  • オリジナルポスターとオリンピックロゴ

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『アサヒスーパードライ「東京2020大会応援中国5県限定ラベル」』(中びん500ml)を、中国5県限定で11月22日(木)より発売します。

 『アサヒスーパードライ「東京2020大会応援中国5県限定ラベル」』は、開催まで2年をきった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の機運醸成と業務用市場の活性化を目的に発売する限定商品です。本年9月に数量限定にて発売し、大変ご好評をいただきました。発売2回目となる今回は、前回販売数量の約3倍となる352,000本を販売予定です。ラベルには、「アサヒスーパードライ」のロゴマークの下に、「中国5県から東京2020へ!乾杯!」の文言とともに「東京2020大会エンブレム」をデザインしました。本商品の発売にあわせ、島根県出身のプロテニスプレーヤー錦織 圭選手をはじめとした中国5県出身のアスリート5名をデザインしたオリジナルポスターの展開も予定しています。

 当社は、ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)」として、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の成功および東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手団を応援しています。

※:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のパートナーと位置付けられており、大会運営や日本代表選手団のサポート、オリンピック・ムーブメントとパラリンピック・ムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「東京2020大会応援 中国5県限定ラベル」
容器・容量 びん500ml
販売予定数量 352,000本
製造工場 吹田工場、四国工場、博多工場
発売期間 11月22日(木)〜12月上旬までの予定
※販売予定数量無くなり次第、終了となります。
発売地域 中国5県(広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県)
ポスターにデザインした
5名のアスリート
・木村 文子選手(陸上競技、広島県出身)
・木山 由加選手(パラ陸上競技、岡山県出身)
・阪口 真紀選手(ホッケー、鳥取県出身)
・錦織 圭選手 (テニス、島根県出身)
・大野 将平選手(柔道、山口県出身)
参考:『アサヒスーパードライ』ブランドサイト

https://www.asahibeer.co.jp/superdry/

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。