ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年9月19日
アサヒビール株式会社

〜今年のハロウィンは『オレンジ』、クリスマスは『いちご』〜
若年層の“飲用機会”を創出!
家飲みでも!外飲みでも!フルーツを使ってもっとお酒を楽しく!「&FRUITS!」

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、お酒を飲用するきっかけづくりを醸成することをめざし、家飲み・外飲みで連動したお酒の楽しみ方を提案してまいります。本年より、「&FRUITS!」として展開し、果物とお酒でさらにおいしく、さらに楽しくなる飲み方提案を飲食店・小売店・SNS等での情報発信のメッセージを共通化し、お客様との接点を増やし、酒類市場の活性化を図ってまいります。

 今年のハロウィン・クリスマスをより楽しんでいただくために、ハロウィンのイメージカラーである「オレンジ」を、クリスマスは「いちご」を使った飲み方提案を飲食店・小売店連動でご提案してまいります。

<ハロウィン>
 ハロウィンの市場規模は2012年頃より拡大し、2017年は約1,305億円※1の市場規模と推定され、バレンタインに匹敵する市場規模まで成長しております。当社がハロウィンでイメージする色を調査したところ、「オレンジ」が約8割と圧倒的に高く、次いで「黒」が約3割と回答を得ました。

※1 出典:日本記念日協会

 当社は、フルーツの「オレンジ」を使うだけで簡単にハロウィンカクテルが作成でき、ハロウィンにちなんだカクテルの展開で季節のイベント感を演出する飲み方提案を飲食店・小売店連動でご提案してまいります。

◆ジャックハロウィンハイボール
 「ハロウィン」の象徴的なドリンクとして、ジャックダニエルでつくるハイボールをご提案します。「オレンジ」が印象的なフレッシュオレンジの爽やか味わいが楽しめるハイボールです。
オレンジスライスをグラスに添えたり、浮かべたり、デコレーションをすることで華やかなハイボールになります。

【レシピ】
・ジャックダニエル:30ml  ・生搾りオレンジ:1/2個分  ・ウィルキンソン タンサン:90ml

◆ハロウィンアペロールソーダ
オレンジのリキュール「アペロール」を使用した簡単レシピで楽しめるカクテル。
生搾りのオレンジ果汁がたっぷり入ったリッチな味わいです。

【レシピ】
・アペロール:40ml
・生搾りオレンジ:1/2個
・ウィルキンソン タンサン:90ml


<クリスマス>
 当社がクリスマスでイメージする果物を調査したところ、「いちご」が約7割と圧倒的に高く、クリスマスケーキやクリスマスカラーの「赤」から想起されます。
 お客様のクリスマスへの関心は11月末から高まり、忘年会シーズン前からクリスマスメニューを展開することで、トータルの需要拡大につなげることが重要と考え、当社は、フルーツの「いちご」をキーアイテムに、赤色カクテルでクリスマスという特別なイベント感を演出し、「食べるカクテル」という飲み方提案をクリスマス時期に、飲食店・小売店連動でご提案してまいります。

◆カンパリ×ストロベリー
クリスマスカラーのレッドカクテルで、「カンパリ」と「いちご」で作る赤色カクテルは、クリスマスのパーティーシーンを盛り上げます。「いちご」がごろごろ入ったカクテルは食べるカクテルとしても楽しめ、割材を変えるだけで、スイートな味わいとビターな味わいが楽しめます。

【レシピ】
・カンパリ 30ml
・いちご 1/8カット×16個(いちご2個分)
(スイート派の割材)
・ウィルキンソン トニック 90ml
(ビター派の割材)
・ウィルキンソン タンサン 90ml

◆ワイン×ストロベリー
いつものグラスワインをクリスマス仕様にし、プレミアム感の演出で乾杯ドリンクのオススメとなります。中でも、本年1月に発売したポルトガルの微発泡性ワイン“ヴィーニョ・ヴェルデ”世界売上No.1ブランド※2「カザル・ガルシア・ロゼ」は、ピンクのラベルが華やかなワインボトルと、微発泡性ワイン&アルコール度数9%程度のはじける爽快感が乾杯ワインに最適の一杯で、クリスマス気分を盛り上げます。

※2 ヴィーニョ・ヴェルデ地域生産者委員会統計による2016年全世界での販売量

【レシピ】
・カザル・ガルシア・ロゼ 120ml
・いちご 1/8カット×16個(いちご2個分)

以上

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。