ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年8月21日
アサヒビール株式会社

果実1/2個分(※1)の果汁を贅沢に使用した缶チューハイ ラインアップ拡充
『アサヒ贅沢搾りキウイ』 新発売
〜販売好調につき、初年度販売目標を400万箱(※2)に再上方修正〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、本年3月に発売したRTD(※3)カテゴリーの新ブランド「アサヒ贅沢搾り」より、新フレーバー<キウイ>(缶500ml、缶350ml)を、2018年9月19日(水)から全国で新発売します。
 「アサヒ贅沢搾り」の販売数量は、9月末までに初年度販売目標の300万箱を達成する見込みとなったため、販売目標を400万箱に上方修正します。4月に初年度販売目標200万箱を1.5倍の300万箱へ上方修正しており、今回は2度目の上方修正となります。

  • (※1)「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より算出した、キウイ1個に占める果皮などを除いた果汁量の1/2相当量を使用しています。以下同じ。
  • (※2)1箱=250ml×24本換算。以下同じ。
  • (※3)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。
  • 『アサヒ贅沢搾りキウイ』画像
    画像クリックで高解像度画像
  • 「アサヒ贅沢搾り」の並ぶ店頭

 『アサヒ贅沢搾りキウイ』は、キウイ果実1/2個分にあたる果汁13%を使用し、甘酸っぱいキウイの爽やかな酸味と豊潤な香り、みずみずしい果汁感を贅沢に楽しめる缶チューハイです。複数のキウイ果汁をブレンドすることで酸味と甘みのバランスの良い味わいを実現し、アルコール度数4%と飲みやすく仕上げました。

 パッケージデザインは、商品名「贅沢搾り」と、商品特長である「果実1/2個分」の文字を分かりやすく記載し、果実のイラストを大きく描きました。また、背景に明るい緑色を採用し、カジュアルな缶チューハイとしてのイメージを演出しています。

『アサヒ贅沢搾りハロウィンバラエティパック』画像

 また、近年は日本でも季節のイベントとして定着したハロウィンに向けて、「アサヒ贅沢搾り」の既存フレーバー3種<グレープフルーツ><レモン><桃>に、新フレーバー<キウイ>を詰め合わせた『アサヒ贅沢搾りハロウィンバラエティパック』(缶350ml×6本)を、2018年9月26日(水)より発売し、ご家庭でのパーティーなどの飲用需要を喚起していきます。
 「アサヒ贅沢搾り」は、「果実1/2個分以上の果汁使用」のおいしさと、「人工甘味料不使用」の商品特長で、お客様の高いご支持をいただいています。
 本商品発売により、20-40代のRTDユーザーを中心としたさらなる需要創造を図り、当社の主力RTD「アサヒもぎたて」、「ウィルキンソン・ハード」シリーズに次ぐ、第三の柱として「アサヒ贅沢搾り」を育成します。TVCMを中心とした広告をはじめ、積極的な販促活動を展開し、事業全体の成長を目指します。

【商品概要】

商品名 アサヒ贅沢搾りキウイ
品目 リキュール(発泡性)①
容量 缶500ml・缶350ml
アルコール分 4%
果汁含有量 13%
発売日 2018年9月19日(水)
発売地域 全国
希望小売価格
(消費税抜き)
缶500ml:191円・缶350ml:141円
販売目標 ブランド計 400万箱
(2018年3月〜2018年12月)

※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

商品名 アサヒ贅沢搾りハロウィンバラエティパック
発売品種 <グレープフルーツ>×2本、<レモン>×2本、<桃>×1本、
新フレーバー<キウイ>×1本     計6本

※「アサヒ贅沢搾り」の4種類のテイストが楽しめるアソートパックです。
容量 缶350ml×6本
発売日 2018年9月26日(水)
※完全予約受注制(酒販店様からの予約受注分のみ製造)
発売地域 全国
希望小売価格 846円(消費税抜き)

※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

<「アサヒ贅沢搾り」ブランドサイト>
https://www.asahibeer.co.jp/zeitaku_s/
  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。