ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年8月7日
アサヒビール株式会社

<中国5県限定発売>
「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」
『「東京2020大会応援」キャンペーンパック』9月26日(水)発売
〜アサヒビールは中国5県の盛り上げに貢献します!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」の2ブランドで、「アサヒビールオリジナル東京2020応援グッズ」が抽選で当たる、『「東京2020大会応援」キャンペーンパック』(缶350ml)を、中国5県限定で9月26日(水)より発売します。

  • 「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」『「東京2020大会応援」キャンペーンパック』画像
    画像クリックで高解像度画像
  • オリンピックロゴ

 アサヒビール(株)は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」(以下、「東京2020大会」)において、ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)」です。約2年後に迫った「東京2020大会」の開幕に向け、中国5県全体を盛り上げるため本商品を発売します。

 6缶パックの側面には、「中国5県から東京2020へ」の文言とともに、中国5県出身のアスリートが「東京2020大会」で活躍することを願い、島根県出身のプロテニスプレーヤー錦織 圭選手をはじめとしたアスリート5名をデザインしました。また缶体パッケージは、5名のアスリートが出場する競技をイラストで表現したオリジナルデザインです。

当社は、本商品が東京2020大会に向けた機運醸成に寄与し、中国5県の多くの方々に親しまれることを期待しています。

※:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京 2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のパートナーと位置付けられており、大会運営や日本代表選手団のサポート、オリンピック・ムーブメントとパラリンピック・ムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「東京2020大会応援」
キャンペーンパック
クリアアサヒ
「東京2020大会応援」
キャンペーンパック
容器・容量 缶・350ml
販売予定数量 15,000箱(24本/箱) 10,000箱(24本/箱)
製造工場 吹田工場、博多工場 博多工場
発売地域 中国5県(広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県)
6缶パックにデザインした
5名のアスリート
・木村 文子選手(陸上競技、広島県出身)
・木山 由加選手(パラ陸上競技、岡山県出身)
・阪口 真紀選手(ホッケー、鳥取県出身)
・錦織 圭選手 (テニス、島根県出身)
・大野 将平選手(柔道、山口県出身)

【キャンペーン概要】

 
発売日および
応募締切
・発売日  2018年 9月26日(水)
・応募締切   2018年11月26日(月) 当日消印有効
キャンペーン内容 6缶パック裏面に印刷された“専用応募ハガキ”に必要事項をご記入いただき、切手を貼付のうえご投函いただきます。抽選で以下の賞品をプレゼントするクローズドキャンペーンです。
当選者数・当選賞品 ・Aコース(当選人数:5名様)
 「東京2020オリンピック・パラリンピック エンブレム入り
 錦織 圭選手サイン入り アサヒビールオリジナルリュック」
・Bコース(当選人数:200名様)
 「東京2020オリンピック・パラリンピック エンブレム入り
 アサヒビールオリジナルトートバック」
送付先〒136-8691 日本郵便株式会社 城東郵便局留 私書箱第16号
「アサヒビールオリジナルキャンペーン」係
当選発表 賞品の発送をもって当選の発表にかえさせていただきます。
応募資格 満20歳以上の方(未成年者不可)。アサヒグループ各社社員および関係者の応募はできません。
お問合せ先 キャンペーン事務局
 0120-077-714
 受付時間 午前10:00〜午後17:00(土・日・祝日を除く)
※電話番号は、お間違いのないようにご注意ください。
  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。