ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年7月10日
アサヒビール株式会社

2018年2月に限定発売し、ご好評いただいた<手摘み白桃>
更においしくなって、通年商品として登場!

『アサヒもぎたて 手摘み白桃』
画像クリックで高解像度画像

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、RTD(※1)の主力ブランド「アサヒもぎたて」より、<手摘み白桃>(缶500ml・缶350ml)を8月7日(火)から全国で発売します。
 本商品は、本年2月に期間限定商品として発売し売上が好調に推移したこと、また、限定発売のフレーバーの中で最もお客様の飲用意向が高いことから、季節を限定しない通年展開としました。

(※1)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。

 『アサヒもぎたて 手摘み白桃』は、みずみずしい白桃の味わいと程よい甘さが楽しめる缶チューハイです。収穫後24時間以内に搾汁した白桃果汁のみを使用し、独自技術の「新<もぎたて>キープ製法」(※2)を採用することで、果実本来の香味成分の劣化を抑制し、つくりたてのおいしさと活きた果実の味わいを実現しています。今回、更に白桃の華やかな香りと果実感を楽しめる味わいに変更し、アルコール度数は9%で、しっかりとした飲みごたえです。

(※2)果実本来の香味成分の劣化を抑制し、果実の新鮮な味わいをキープする「アサヒフレッシュキープ製法」を進化させ、より低い温度帯での低温殺菌を実現し、果実由来の新鮮な味わいをより高める製法。

 パッケージデザインは、「収穫後24時間以内搾汁」の文字と摘みたてのみずみずしい白桃を大きく描いたデザインはそのままに、新たに「New」のアイコンを配しました。

 販促施策については、本年4月の商品クオリティアップより訴求している、「もぎたて」と食事との相性の良さについて、SNS、売場を中心に、幅広く発信することで食中シーンにおける飲用の拡大を図っていきます。

 「アサヒもぎたて」は、“鮮度にこだわった果実感が楽しめる高アルコールRTD”としてお客様に高く支持いただいています。アサヒビール(株)は、本年も「アサヒもぎたて」をRTD事業における代表ブランドとして注力し、TVCMを中心とした広告をはじめ、積極的な販促活動を展開し、年間販売目標の達成、並びに事業全体のさらなる成長を目指します。

【商品概要】

商品名 アサヒもぎたて 手摘み白桃
品目 スピリッツ(発泡性)①
容量 缶500ml・缶350ml
アルコール分 9%
果汁含有量 1.2%
発売日 8月7日(火)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:191円(消費税抜)
缶350ml:141円(消費税抜)
ブランドサイト https://www.asahibeer.co.jp/mogitate/

※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。