ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年7月5日
アサヒビール株式会社

アサヒビールは「長岡まつり大花火大会」を応援します!
アサヒスーパードライ
「長岡花火ラベル」デザイン缶
7月10日(火)発売
〜売上1本につき1円を、「長岡花火」の普及振興活動に活用いただきます〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『アサヒスーパードライ「長岡花火ラベル」デザイン缶』(缶350ml×6缶パック)を、新潟県全域で7月10日(火)より発売します。なお、本商品の売上1本につき1円を、「長岡まつり大花火大会」を主催する「一般財団法人長岡花火財団」に寄付し、「長岡花火」の普及振興活動にお役立ていただきます。

 「長岡まつり大花火大会」は、毎年8月2日・3日の両日に開催されます。圧倒的なスケールの大型花火が数多く打ち上がる花火大会であり、日本三大花火大会のひとつとしても知られています。2017年は、2日間で約103万人の方が県内外から来場しました。

 アサヒビール(株)は、2011年より「長岡まつり大花火大会」を応援しています。2016年からは、花火大会の一層の盛り上げに貢献するために『アサヒスーパードライ「長岡花火ラベル」デザイン缶』の発売を開始、過去2回の累計販売本数は約28万3千本となりました。多くのお客さまからご好評をいただき、本年も継続して発売します。

 缶体には、「アサヒスーパードライ」のロゴマークの下に、登録商標である「長岡花火」のロゴマークを配し、「長岡花火」を応援する商品であることをわかりやすく表現しました。
 また、本年長岡市が、初代長岡藩主・牧野忠成が長岡城主になった元和4(1618)年の開府から400年という歴史的な節目を迎えることから、「平成30年は長岡開府400年」というメッセージも記載しています。

 アサヒビール(株)は、本商品が話題を呼び、地域の皆様のみならず、長岡市を訪れる多くの人々に親しまれ、素晴らしい歴史と文化の発信に貢献できることを期待しています。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「長岡花火ラベル」デザイン缶
容器・容量 缶350ml
販売予定数量 86,400本
製造工場 福島工場
発売期間 7月10日(火)〜 8月末までの予定
発売地域 新潟県全域
ブランドサイト https://www.asahibeer.co.jp/superdry/
  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。