ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年6月4日
アサヒビール株式会社

アサヒスーパードライ
新潟開港150周年記念「みなとまち新潟」ラベル
7月10日(火)発売
〜アサヒビールは「みなとまち新潟」の発展を応援します!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『アサヒスーパードライ 新潟開港150周年記念「みなとまち新潟」ラベル』(中びん500ml)を、7月10日(火)より新潟県全域で発売します。

 新潟港は、函館・横浜・神戸・長崎と並び安政の五カ国条約による開港五港の一つとして1869年に開港し、日本海側を代表する港として発展してきました。そして、2019年1月1日に開港150周年を迎えます。「みなとまち新潟」として親しまれている新潟市は、県や市民団体など167機関と「新潟開港150周年記念事業実行委員会」を構成し、この節目の年を新しい新潟を切り開くスタートと位置づけ、記念事業を実施するなど様々な取り組みを行っていきます。

 アサヒビール(株)は、新潟市の理念に賛同し、開港150周年に向けた取り組みを応援するため、また地域共生型の営業活動の一環として、『アサヒスーパードライ 新潟開港150周年記念「みなとまち新潟」ラベル』を発売します。ラベルには、「みなとまち新潟」の文字と新潟開港150周年のロゴマークをデザインするとともに、「おもてなしの心」を脈々と受け継いできた、「みなとまち新潟」の文化の象徴である「古町芸妓ふるまちげいぎ」を、「芸妓」のイラストを使って表現しています。

 アサヒビール(株)は、本商品が話題となり、新潟開港150周年の盛り上げに貢献する商品として、県内外の多くの方に親しまれることを期待しています。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
新潟開港150周年記念「みなとまち新潟」ラベル
容器・容量 中びん・500ml
販売目標 40,000本
製造工場 福島工場
発売期間 7月10日(火)〜8月末までの予定
発売地域 新潟県全域

■参考:「アサヒスーパードライ」ブランドサイト
https://www.asahibeer.co.jp/superdry/

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。