• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年5月14日
アサヒビール株式会社

「北海道150年記念商品」発売について
■『アサヒスーパードライ「北海道150年ラベル」デザイン商品』
■『クリアアサヒ 北海道の恵み』
〜北海道の盛り上げを応援します!〜

『アサヒスーパードライ「北海道150年ラベル」デザイン商品』『クリアアサヒ 北海道の恵み』画像
画像クリックで高解像度画像

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『アサヒスーパードライ「北海道150年ラベル」デザイン商品』(中びん・缶350ml)を5月下旬製造分より順次切り替えで、『クリアアサヒ 北海道の恵み』(缶350ml・缶500ml)を6月5日(火)より、ともに北海道限定で新発売します。なお、『クリアアサヒ 北海道の恵み』の売上1本につき1円を、『「赤れんが庁舎」を次世代に引き継ぐ改修事業』にお役立ていただきます。

 本年8月に命名150年を迎える北海道は、「北海道151年目の新たな一歩を踏み出す」「先人から受け継いだ財産を次の世代につなぐ」「“Hokkaido”の多様な魅力を世界に広げる」をテーマに掲げ、道民・企業・団体が一体となり、様々な記念事業を実施するなど「次の50年に向けた北海道づくり」の取り組みを行っています。

 札幌市にアサヒビール北海道工場を、余市町に、ウイスキー製造子会社であるニッカウヰスキー(株)の余市蒸溜所をもつ当社は、北海道の皆さまからのご支援のもと事業を継続してきました。本商品を発売し、「北海道150年事業」のパートナー企業として節目の年の盛り上げを応援することで、皆さまへ恩返しをしていきます。

■『アサヒスーパードライ「北海道150年ラベル」デザイン商品』

・北海道命名150年を記念して、特別ラベルで発売する北海道限定のスーパードライです。

・缶体およびラベルには、「アサヒスーパードライ」のロゴマークの下に、「北海道150年事業」のロゴマークとともに、「北海道150年に乾杯!」の文字をデザインしました。

■『クリアアサヒ 北海道の恵み』

・「北海道150年」を記念して開発した、北海道限定の特別な「クリアアサヒ」です。

・富良野産大麦を一部使用し、麦の芳醇なうまみとスッキリ清らかな後味が特長です。北海道の豊かな食材とよく合う、食卓を美味しく彩る商品です。

・缶体は、「クリアアサヒ」のデザインをベースに、爽やかで目立つ青と白のツートンカラーを採用、北海道の地図を中央に配し、「北海道限定」であることを分かりやすく表現しました。また、『アサヒスーパードライ「北海道150年ラベル」デザイン商品』同様、「北海道150年事業」のロゴマークもデザインしています。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「北海道150年記念ラベル」
デザイン商品
『クリアアサヒ 北海道の恵み』
容器・容量 缶・350ml びん・500ml 缶・350ml、500ml
販売予定数量 約8,500,000本 約730,000本 約1,100,000本
製造工場 北海道工場 福島工場 北海道工場
発売期間 6月〜8月末までの予定
※販売予定数量無くなり次第、終了となります。
6月5日(火)〜8月中旬までの予定
※販売予定数量無くなり次第、終了となります。
販売地域 北海道

※:缶350ml換算

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。